勝田車両センターからの便り

みなさま新緑が美しい季節になりました。辛いこともありますが、植物も精一杯生きています。それを感じられるのは、人間だけです。美しさをいっぱい感じたいですね。

昨日の大子運輸科からの報告に続き、今日は勝田車両センターからのメールを紹介します。


  (勝田車両センター・茨城県ひたちなか市)

お疲れさまです。

昨日職場で耳にした話です。東京の中野運輸区ではジョブローテーションの実施の提案が出てから、これ以上できないと5名ほど退職者が出ているそうです。

詳しい年齢などは不明です。国鉄採用者ではなく、平成一桁採用ではないかとの情報もあります。

その話がキッカケで色々と話になりました。「一度出された提案を無くすってのは難しいんですかね?」と聞かれたので、「職場全体がこんな施策は無理っていう雰囲気になったら、会社との力関係は変わるんじゃないかな」という話をしました。

そして「1人じゃなかなか言えないようなことも周りの人と共有できれば1人の意見じゃなくなるし、そういう声を吸い上げて、どうすれば現場にとって一番良くなるかを考えるのが組合だと思うよ」と話しました。

社友会の話も少ししました。「言いたいこと言えなさそうですよね」と言っていたので「社友会そのものが会社のイエスマンをつくるための組織だからね。ノーと言ったら社友会は強制退会なんてこともあり得るかもね。」と話したら、「そんなところに入るメリット無いですよね」と言ってました。

ジョブローテーションの問題が車両センターでも少しずつ出てきてます。
少しずつでも、こういう話題が広げられればなと思います。



車掌や運転士試験を習得するまで大変な期間を使い、さらに経験を積んで一人前になって行きます。

その青年たちがブラック企業がまん延する時代に、職場を去るという選択は尋常ではないと思います。労働者は物ではなく、生きている。体と心がある。それが悲鳴を上げている。

みんなで逃げる選択もあります。しかし、みんなで踏みとどまり闘う選択もあるのです。「辛いことは半分に、喜びは倍になる」そう言う労働組合を作るのもあなた自身の選択です。

青年たちが職場を越えて考え始めています。みんなであらゆる分断と垣根を越え、自分たち自身の時代を切り開きましょう!


コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

カレンダー

08 2019/09 10
S M T W T F S
1 3 5 6 7
8 10 12 13
15 16 17 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

フリーエリア

最新CM

プロフィール

HN:
動労水戸
性別:
非公開
職業:
鉄道労働者
自己紹介:
【国鉄水戸動力車労働組合】
1986年結成。JR東日本・JR貨物とその関連会社の労働者で組織する労働組合です。
全国・全世界の労働者とともに、外注化阻止・被曝労働絶対反対で2019年も闘います!

ブログのご意見・ご感想は↓↓
doromito30th☆yahoo.co.jp
(☆⇒@)

【本部事務所】
310-0011
茨城県水戸市三の丸3-1-3
電話番号:029-227-6020
FAX:029-227-6291

【平支部事務所】
973-8411
福島県いわき市小島町3-3-1 佐藤ビル1階

バーコード

ブログ内検索

P R