動労水戸組合差別・不当労働行為裁判がありました。

昨日水戸地裁で開かれた動労水戸裁判の主要な争点は、会社の昇進試験が公正であるかどうかを示す試験結果の廃棄についてでした。

会社側の書面では、文書管理規程によって「3年で廃棄する」となっています。しかし、公判前の進行協議で裁判長が「具体的な廃棄について釈明をしてもらいたい」と、会社側に求めました。

「規程では3年で廃棄と主張しているが、実務的にはどうなのか。業者に委託しているなら、委託契約の文書もあるはずではないか」などの追求がされました。

これに対し会社側代理人弁護士は「実務的には廃棄を指示する文書はない。」「担当者の引き継ぎで、慣行として廃棄されている」「規程は国鉄時代から引き継がれている」などとあ然とする答えでした。

あまりにいい加減なため「具体的にどのように処理されているかは、釈明を検討する」と答えざるを得ませんでした。


  (国分勝之撮影)

さらにJR東日本「社友会」が労働組合潰しの不当労働行為であることも追求しました。「会社とは関係ない」と主張しているが、社長が新聞で推進する発言をしており、職場では管理者が社友会への勧誘をしている事実を突きつけました。

また組合側弁護士は、運転士登用から排除された動労水戸組合員の差額賃金についても「会社側の書面では、運転士未登用者の差額賃金について組合側の算出について争わないとしているとしながら、実績がないから支払わないとしているのは矛盾している」と追求しました。

次回公判の6月7日開催を確認して、閉廷しました。

裁判終了後の報告集会では、松田弁護士が「試験結果をどのように廃棄しているのかを求めている」。葉山弁護士は「会社はふざけている。試験結果をゴミ扱いだ」。山本弁護士は「会社は文書管理規程は国鉄から継承していると言っている」など、会社のふざけきっている態度を許さないと話されました。

石井委員長から、「ジョブローテーションで怒りが溢れている。4月20日にはJビレッジ駅の開業でイベントをやろうとしている。労働者の被曝を強制するものだ。改憲に向けた攻撃もきている。5月1日にメーデーを闘う。」と今後の闘いが提起されました。

※いわき合同ユニオン新組合員加入の報告は「いわき合同ユニオンブログ」をご覧ください。
http://iwakigodo.blog.shinobi.jp/


コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

カレンダー

08 2019/09 10
S M T W T F S
1 3 5 6 7
8 10 12 13
15 16 17 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

フリーエリア

最新CM

プロフィール

HN:
動労水戸
性別:
非公開
職業:
鉄道労働者
自己紹介:
【国鉄水戸動力車労働組合】
1986年結成。JR東日本・JR貨物とその関連会社の労働者で組織する労働組合です。
全国・全世界の労働者とともに、外注化阻止・被曝労働絶対反対で2019年も闘います!

ブログのご意見・ご感想は↓↓
doromito30th☆yahoo.co.jp
(☆⇒@)

【本部事務所】
310-0011
茨城県水戸市三の丸3-1-3
電話番号:029-227-6020
FAX:029-227-6291

【平支部事務所】
973-8411
福島県いわき市小島町3-3-1 佐藤ビル1階

バーコード

ブログ内検索

P R