横断幕の次は、立て看板だ!!



国分副委員長作成の立て看板!

あなたの職場の前に立つかも…?

掲示内容募集中です!

水郡線ワンマン運転拡大反対!磐城石川駅・磐城棚倉駅で街頭宣伝



本日朝は水郡線・磐城石川駅(福島県)に登場!

近隣の県立石川高や石川義塾中・学法石川高など、学生さんの利用が多い駅です。

お子さんの送迎の保護者の方が、車を停めてビラを受け取りに来られました。



次は磐城棚倉駅へ。

この駅からバスに乗り換えて白河方面などに向かう利用者も多く、駅前のバス停では学生さんがバスを待っていました。

11月1日から駅の「きっぷうりば」の営業時間が短縮になる旨の掲示が。



営業時間は9時35分~18時10分に短縮。こんな時間で学生さんはどうやって定期券を買えというのか。

新幹線と在来線特急の指定席券も買えなくなる、クレカも使用不能に。

「利用者減少」は決して沿線住民の責任ではありません。

このようにして水郡線をどんどん不便にしてきたJR東日本のローカル線切り捨て方針がもたらしたものです。

水郡線を守るためにともに声を上げましょう!

特大横断幕とともに「特急車掌1人乗務許さない」勝田駅街頭宣伝




本日朝、JR勝田駅前で街頭宣伝を行いました。

横断幕とビラに駅利用者の大きな注目!「労働者のみならず、利用者のみなさんにも関わる大きな問題です!」とマイクで訴えました。



1時間弱の訴えで約300枚のビラが受け取られました。

出勤途中の組合員や職場の仲間が合流して街頭宣伝を大いに盛り上げてくれました。




ビラをご覧になったみなさん!ぜひこの問題を大きく広げてください。

車掌1人では安全に特急を走らせることはできません。

私たちは鉄道の安全を守り抜くために闘います!

次は水郡線に登場します!

渾身!傑作!横断幕完成!!




鋭意作成中!

↓↓
↓↓
↓↓



完成!

下書き・裁縫に12時間(!)・3人で塗って5時間

明日いよいよお目見え!

動労水戸、ドイツ訪問中!

動労水戸の木村郁夫書記長、池田学執行委員、西納岳史書記は8月20日から28日にかけてドイツ機関車労働組合ベルリン都市鉄道支部長の招きでドイツを訪問しています。

   ドイツとの時差は、日本が7時間進んでいます。通訳含め6人の訪独団は、21日早速GDL(ドイツ機関車労働組合)、EVG(機関車労働組合と別の労働組合)、フランスの教育労働者との交流会を行いました。日本も、ドイツも、フランスも労働者は同じ課題を闘っていることが確認され、木村書記長の報告が共感を呼び「今後も交流を継続する」ことが確認されたと池田執行委員から現地報告が届きました。

    一行は、ドイツで使用済み核燃料最終処分場搬入を阻止し続けているゴアレーベン組と、ドイツレイバーネットのヘルムート氏を訪ねるドルトムント組に別れてそれぞれ交流しています。

    JR東日本では、JR東労組の解体と共に極限的合理化・労働強化が進められています。職場では、青年たちがこれからどうするのかみんな悩んでいます。

    かつて国鉄分割民営化の時に、20代で仕事を奪われ、職場から排除された木村書記長は「決してあきらめないこと。自分が打倒されないことが大事なんだ。」と語っています。それは、世界の労働者の共通の言葉なのではないでしょうか?




カレンダー

09 2018/10 11
S M T W T F S
2
8 13
14 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

フリーエリア

最新CM

プロフィール

HN:
動労水戸
性別:
非公開
自己紹介:
【国鉄水戸動力車労働組合】
1986年結成。JR東日本・JR貨物とその関連会社の労働者で組織する労働組合です。
全国・全世界の労働者とともに、外注化阻止・被曝労働絶対反対で2018年も闘います!

【本部事務所】
310-0011
茨城県水戸市三の丸3-1-3

【平支部事務所】
973-8411
福島県いわき市小島町3-3-1 佐藤ビル1階

バーコード

ブログ内検索

P R