交通労働者の誇り、そして仲間。

池袋での悲惨な交通事故に続き、昨日は神戸の路線バスの事故。JRで言うと「エルダー社員」で、最終乗務という話もあります。

高齢化か?病気か?不注意か?原因は分かりませんが、公共交通が大変な危険と隣あわせだと言うこと。日夜、全国いたるところで、交通労働者が命と安全を守り続けていることを一緒に考えるべきだと思います。

観光バスのベテラン運転士に、何が一番大切かを聞いたことがあります。

その人は「何よりも安全確認です。ルームミラーを見て、サイドミラーを見る。そしてさらに目視する。」「運転手によって顔が見られたくないので、ルームミラーの角度を変える人もいるが、絶対にしない。」「もし乗客が立っている時にブレーキをかければ転倒する。」

「小さい子供を抱かずに、ウロウロさせるお母さんもいるが、放さない様にお願いする。」「それでも聞いてくれない場合は、バスを止める。」「そして、バス内で子供さんがケガをすれば、全て私の責任になるから、私は走らないと告げる。」

「会社も、世間も軽く見るようだが、私たちが、命を預かっていることを忘れてはならないし、引いてはならないことがあるのです。」

そう話してくれました。こう言う労働者が、仲間から信頼を集め職場の中心になるのだと感じました。人として軽く無いのです。


  (ちょっと昔の記念写真。勝田車両センターにて。)

さて、昨日はブログを見て下さっているJR社員からのメールが届きましたので、ご紹介させていただきます。
毎日、動労水戸ブログを拝見させて頂いております。

職場の杜撰な環境と先が見えぬ毎日、腰痛、介護、そして…組合に加入してる自分以外の人間のひそひそ話

ライフのメンバー
運転士仲間の心が居なけりゃとっくに潰れてます(泣)
新聞に使って下さい。

昨日、ジョブローテンションの話題が「河童」(という焼き鳥屋)カウンターメンバーで話題に…
究極の言葉でした
オメェの会社は社員も客もナメてんなッ 
まったく、反論できませんでした(泣)



調べましたら「河童」ってひたちなか市の三本指の美味しい焼き鳥居酒屋みたいですね。

労働者や庶民が集い、飲む居酒屋に本音の話や真実があるのかもしれません。

いずれにしても、やはり仲間の存在が支えであると彼も語ってくれています。メールありがとうございました。


コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

カレンダー

08 2019/09 10
S M T W T F S
1 3 5 6 7
8 10 12 13
15 16 17 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

フリーエリア

最新CM

プロフィール

HN:
動労水戸
性別:
非公開
職業:
鉄道労働者
自己紹介:
【国鉄水戸動力車労働組合】
1986年結成。JR東日本・JR貨物とその関連会社の労働者で組織する労働組合です。
全国・全世界の労働者とともに、外注化阻止・被曝労働絶対反対で2019年も闘います!

ブログのご意見・ご感想は↓↓
doromito30th☆yahoo.co.jp
(☆⇒@)

【本部事務所】
310-0011
茨城県水戸市三の丸3-1-3
電話番号:029-227-6020
FAX:029-227-6291

【平支部事務所】
973-8411
福島県いわき市小島町3-3-1 佐藤ビル1階

バーコード

ブログ内検索

P R