忍者ブログ

労働者のための労働組合を

   3月は、JR東日本の各職場で「労働者代表(過半数代表)選挙」が行われました。その中で水戸支社では、水戸運輸区、勝田運輸区で、東労組から分裂した輸送サービス労組の候補者が当選しました。会社側の職場支配を打ち破る勝利だと思います。
(国分勝之撮影)


   JR東日本、会社から労働組合を無くすために、労働組合解体を続けています。その目的は、労働組合との合意無しに就業規則や合理化施策を進めることです。その労使合意を労働者代表との間で進めようとしています。
   経団連では、「労働法規委員会」というものが設置されています。これは、労働組合との合意無しに就業規則の変更ができるように、法整備しようという委員会です。この委員会の会長がJR東日本の冨田会長です。労働組合の無い会社を全国に拡大し、労働組合の無い社会にしていこうとしています。この行き着く先は、労働者の無権利であり、低賃金と長時間労働ではないでしょうか。


(国分勝之撮影)

   一方で、これまでの労働組合は労働者にどのように認識されてきたでしょうか。多くは「どうせ会社の言う通りに決めてしまう」という、労働者が信用する事ができないものになっているのではないでしょうか。さらには、労働者の考えを無視して「執行部が決めた方針を押し付けるもの」と捉えられてきたのではないでしょうか。
   現場組合員を無視して会社と上手くやってきた結果が、過労死やワーキングプアに労働者をつきおとしてきたと思います。

   こうした労働組合に対する認識に対して、今回の労働者代表選挙は大きな転換を切り開いたと思います。会社の労働組合解体攻撃に対して、現場の労働者が立ち向かった。その中で勝利した。現場の労働者が主人公になることで、組合員も非組合員も立ち向かった。労働者の本当の団結が示されたと思います。


(3月ダイ改・常磐線全線開通反対の行動を報じる『東京新聞』)

   動労水戸もこれまでの労働組合のあり方を見直し、労働者が主人公の労働組合を作っていきたいと思います。
   激動の時代は、労働者が生きていくための本当の団結が作れるのではないでしょうか。
   「たかが労働者。されど労働者」です。社会を動かす労働者が団結ら、社会は変えられるはずです。

PR

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

カレンダー

05 2020/06 07
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

フリーエリア

プロフィール

HN:
動労水戸
性別:
非公開
職業:
鉄道労働者
自己紹介:
【国鉄水戸動力車労働組合】
1986年結成。JR東日本・JR貨物とその関連会社の労働者で組織する労働組合です。
全国・全世界の労働者とともに、外注化阻止・被曝労働絶対反対で2019年も闘います!

ブログのご意見・ご感想は↓↓
doromito30th☆yahoo.co.jp
(☆⇒@)

【本部事務所】
310-0011
茨城県水戸市三の丸3-1-3
電話番号:029-227-6020
FAX:029-227-6291

【平支部事務所】
973-8411
福島県いわき市小島町3-3-1 佐藤ビル1階

バーコード

ブログ内検索

P R