会社は労働者の命を守れ❗️

 動労水戸は3月13日、常磐線全線開通と被ばく労働に反対して、ストライキと勝田車両センター前行動を行ないました。
 今回の行動は、全線開通によって引き起こされるのは列車への放射性物質の付着に対して、車両の放射線量測定と作業での防護対策を求めたものです。


(出勤する労働者にビラを渡す組合員)

 朝7時半からは、車両センターの組合員総出でビラ配布を行ないました。出勤してきた労働者は、職場の仲間が差し出すビラを、言葉を交わしながら受け取ってくれました。

 
(前日の団交の報告や付着した放射能の高さを記したた朝ビラ)

 11時からは動労千葉の仲間たちも加わって、車両センターの労働者に、一緒に声をあげて命を守ろうと訴えました。木村委員長は、「放射能問題は何十年にもわたって続きます。何よりも命を守るための防護対策が必要です。いろんな立場があっても一緒に要求していきましょう」と訴えました。


(動労千葉の青年労働者も応援に駆けつけてアピール)

 12時になると午前中の仕事からあがった組合員たちが、車両センターの中から門前行動を見守りました。フェンスで仕切られてはいても、仲間を守ろうという同じ思いで関わりました。


(昼休み・敷地内から門前行動を見守る組合員)

 新型コロナウィルス対策も含めて、JRもグループ会社のMTSも、まともな防護対策をとっているとは思えません。こんな会社であるからこそ、現場労働者自らの声で労働者の安全を確保させなければならないと思います。労働者には安全に働く権利があり、会社は安全に働かせる義務があります。会社に言われたらそれで終わりではなく、「おかしいものはおかしい」の声を、職場の当たり前のことにしていけたらと思います。そういう声を、すべての職場に広げていきましょう。動労水戸はそのために、会社に何度でも要求を突きつけていきます。みんなで命を守らせましょう。

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

カレンダー

03 2020/04 05
S M T W T F S
1 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

フリーエリア

最新CM

プロフィール

HN:
動労水戸
性別:
非公開
職業:
鉄道労働者
自己紹介:
【国鉄水戸動力車労働組合】
1986年結成。JR東日本・JR貨物とその関連会社の労働者で組織する労働組合です。
全国・全世界の労働者とともに、外注化阻止・被曝労働絶対反対で2019年も闘います!

ブログのご意見・ご感想は↓↓
doromito30th☆yahoo.co.jp
(☆⇒@)

【本部事務所】
310-0011
茨城県水戸市三の丸3-1-3
電話番号:029-227-6020
FAX:029-227-6291

【平支部事務所】
973-8411
福島県いわき市小島町3-3-1 佐藤ビル1階

バーコード

ブログ内検索

P R