忍者ブログ

コロナ対策を求めて団体交渉

   5月3日、安倍首相は「改憲」に向けたメッセージを出しました。国民の私権を制限する緊急事態条項を制定し、自衛隊を国軍として明記することが核心だと思います。


   
この「改憲」をにらんで、新型コロナ対策として「緊急事態宣言」が出されています。国民に自粛を要請するだけでなく、「自粛警察」と言われる国民相互の社会監視が起きています。
   こうした動きは第二次大戦中の暗黒の社会ではないでしょうか。「改憲」による緊急事態とは、そういう社会が当たり前になっていくということではないでしょうか。これまでの社会が戦前へと回帰するのではと、危惧せざるを得ないですね。



   さて、動労水戸は4月28日、新型コロナ対策として水郡線の1両運転の解消を求めて、水戸支社との団体交渉を行いました。
昨年の台風被害で寸断されている水郡線では、常陸大子➖郡山間で1両運転の列車があります。この列車は、通勤・通学の多い時で70〜120人程度の乗車があります。現在、福島県内の高校が休校していて混雑緩和はされていますが、新型コロナ感染が非常に心配される状況です。現場の乗務員からは、混雑時の状況なども報告をあげているところです。

   この日の交渉の前に水戸支社は、7月上旬の西金➖袋田間の運転再開時に合わせて、常陸大子➖郡山間の1両運転を一部を除いて解消すると提案しました。

   交渉の中で組合は、「命に関わる問題であり、計画を前倒ししてもらいたい」と求めましたが、会社側は「窓を開けるなどの対策をとっている」「交番検査や工場入場などの都合で、前倒しはしない」と、現場からの報告があがっているいることをわかっていながら、今回の要求を拒否しています。



   学識者等からは、列車内での新型コロナ感染の危険性も指摘されています。命に関わる問題よりも、会社の都合を優先させるべきではありません。

   動労水戸は乗客と乗務員の安全を守るために、さらに会社に要求していこうと考えています。安全問題を会社任せにせず、労働組合だからできることを、現場労働者と一緒に取り組んでいきたいと考えています。

PR

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

カレンダー

05 2020/06 07
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

フリーエリア

プロフィール

HN:
動労水戸
性別:
非公開
職業:
鉄道労働者
自己紹介:
【国鉄水戸動力車労働組合】
1986年結成。JR東日本・JR貨物とその関連会社の労働者で組織する労働組合です。
全国・全世界の労働者とともに、外注化阻止・被曝労働絶対反対で2019年も闘います!

ブログのご意見・ご感想は↓↓
doromito30th☆yahoo.co.jp
(☆⇒@)

【本部事務所】
310-0011
茨城県水戸市三の丸3-1-3
電話番号:029-227-6020
FAX:029-227-6291

【平支部事務所】
973-8411
福島県いわき市小島町3-3-1 佐藤ビル1階

バーコード

ブログ内検索

P R