これが会社のやり方か!

   現在会社側は、来年度退職予定者に対しエルダー社員として働くための(勤務先)内示を行なっています。
   動労水戸としては、3年前辻川副委員長に対する不当配転攻撃を激しく闘って以来、現役、あるいはMTS出向からの続行でのエルダーとして取り組んできたところです。
   しかし、今回動労水戸組合員に対し振り出しに戻ったように本人の希望を全く無視したMTSでの「クリーンスタッフ」を提示してきました。


(2017年9月エルダー不当配転攻撃と闘う辻川副委員長(当時)と組合員)

   組合員は誰もが認める「この道のプロ」として国鉄入社以来42年検修一筋で生きてきた労働者です。組合員はもちろん、後輩からの信頼も厚く2012年の検修外注化では仕業検査でMTS出向となり5年間も協力してきました。
   この無情ともいえる攻撃に怒りが収まりません。絶対に許すことはできません。動労水戸はこの組合員にかけられた攻撃を一丸となって闘っていく決意です。


(木更津運輸区前に結集する動労千葉組合員)

   また動労千葉でも木更津支部の花崎支部長に対し、2月15日付で減給1/2と千葉駅清掃に出向というとんでもない不当処分がなされています。
   2月20日緊急抗議集会が木更津運輸区正門前で18時から行われ国分副委員長が参加されました。

(理屈じゃない!労働者にかけられた攻撃に対し、共に闘う決意を表明する国分副委員長)

   花崎支部長は59歳、定年をあと1年というところでの強制出向。館山運輸区時代スト破りはできないと国労から動労千葉に入った苦労人で、いまの木更津の職場でも人望は厚い労働者です。
   この処分に対する団交では出向に出す理由が見つからず、苦し紛れに千葉支社は「本人のステップアップのため」と回答したらしいです。
   そうしたベテラン運転士をいとも簡単に職場から追い出すこのやり方に本当に怒りが絶えません。


(怒りの先頭に立つ花崎支部長)

   動労水戸、動労千葉の組合員にかけられた攻撃は、今日の労働組合解体攻撃と一体のものです。私たちは、一人のためにみんなで闘うことが、労働組合の原点として捉え、組合の総力をあげて闘っていきます。すべての職場の労働者の怒りで、こんな会社のやり方を変えていきましょう。

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

カレンダー

03 2020/04 05
S M T W T F S
1 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

フリーエリア

最新CM

プロフィール

HN:
動労水戸
性別:
非公開
職業:
鉄道労働者
自己紹介:
【国鉄水戸動力車労働組合】
1986年結成。JR東日本・JR貨物とその関連会社の労働者で組織する労働組合です。
全国・全世界の労働者とともに、外注化阻止・被曝労働絶対反対で2019年も闘います!

ブログのご意見・ご感想は↓↓
doromito30th☆yahoo.co.jp
(☆⇒@)

【本部事務所】
310-0011
茨城県水戸市三の丸3-1-3
電話番号:029-227-6020
FAX:029-227-6291

【平支部事務所】
973-8411
福島県いわき市小島町3-3-1 佐藤ビル1階

バーコード

ブログ内検索

P R