3・16ダイヤ改正の団体交渉やりました。

動労水戸は2月15日に、3月ダイヤ改正の第1回目の団体交渉を行いました。今回はダイヤ改正全体についての交渉でした。

まず昨年10月の「特急車掌1人乗務及び水郡線ワンマン運転」のダイヤ改正での改善策を要求しました。

「特急車掌1人乗務」について会社は、「車内を回れなかった報告は非常に少ない。今回も1人乗務は提示した通り」と問題が無いと主張しました。

組合からは「回れているというのは特別改札がいてのこと。改札行路を定期で付けるべきだ」と要求すると、会社は「提示した通り」と拒否しました。

水郡線ワンマン運転では組合から「利用者は困っている。車内での転倒事故も起きた。利用者に負担をかけていると思わないのか」と質問しました。

会社は「人それぞれの判断。問題ない」と切り捨て、「水郡線をいかに存続するのかを検討している。列車削減は利用状況をみて提案している」との回答でした。

不便な上に、不正乗車を横行させて水郡線を存続させるという理屈がどうしたら成り立つのでしょうか?



(懐かしの653系フレッシュひたち!国分勝之撮影)

次に今回のダイヤ改正での「多様な働き方の実現」についてです。

会社は「社員と話をして作成している。育児介護以外は今後出てくるかもしれない。発生したら改正を待たずに作っていく」とし、今回の提案は行路作成の時点から分割できるものになっていることを明らかにしました。


しかしその結果は、とてつもない過重な行路の提案です。会社はその理由として「効率性を重視して作った」と答えています。

組合が「安全に運転できるかも怪しいものが効率的なのか?」と追及すると、「結果的に在宅時間が度返しになったと言えるかもしれない」と開き直りました。

そして「会社としてどうやって生き残るのか、多様な働き方をどうやって作るのかを加味して提示している」と、労働者の生活や安全よりも会社の生き残り優先で、さらなる労働強化を狙っていることも明らかになりました。

これで終わりではないのです。

さらに今回のダイヤ改正で会社は「社員の意見を集約して作っていく」としています。これについては「現場で計画助役が中心になって、社員を集めて中身を検討して提案した」と答えました。

しかし、現場でこんな事実は無いのです。これを追及すると、「やり方は各区の判断で、管理者が指定した者の意見を集約している。これが最善」だとして、社員の意見など聞くつもりは、全くないこともはっきりとしました。


(国分勝之撮影)

また、過重な労働強化の提案で起きかねない乗務員の居眠り事故防止対策と、乗務員室監視カメラ設置中止を要求しました。

居眠り事故防止対策では、会社は通達で指導を行っているとし、「乗務に望む姿勢として出している」と、すべての責任は乗務員にあると言わんばかりの回答です。

そのうえで「行路で在宅休養時間の改善を図っている」と、提案内容とは逆の回答を平然としています。

乗務員室の監視カメラ設置では、「乗務員室での盗難や新幹線の事件などから、乗務員と乗客の安全を守るため」と回答しています。

しかし、監視カメラは乗務員に大きな精神的負担になることは明らかです。

組合は「精神的負担をかけるべきではない。安全を言うならワンマン運転はやるべきではない」と要求しました。会社はそれには答えず、「不安を取り除くためにやっている」と居直りました。

最後に今回の提案の白紙撤回を要求しましたが、会社は「撤回する考えはない」と、強行する姿勢を明らかにしました。

今後さらに、各職場の行路の中身について具体的に追及し、要求していくことになります。皆さんの声を動労水戸にお寄ください。

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

カレンダー

03 2019/04 05
S M T W T F S
25 26 27
28 29 30

フリーエリア

最新CM

プロフィール

HN:
動労水戸
性別:
非公開
職業:
鉄道労働者
自己紹介:
【国鉄水戸動力車労働組合】
1986年結成。JR東日本・JR貨物とその関連会社の労働者で組織する労働組合です。
全国・全世界の労働者とともに、外注化阻止・被曝労働絶対反対で2019年も闘います!

ブログのご意見・ご感想は↓↓
doromito30th☆yahoo.co.jp
(☆⇒@)

【本部事務所】
310-0011
茨城県水戸市三の丸3-1-3
電話番号:029-227-6020
FAX:029-227-6291

【平支部事務所】
973-8411
福島県いわき市小島町3-3-1 佐藤ビル1階

バーコード

ブログ内検索

P R