労働者の立場から物事を見よう。

水戸では、雪が降ったかと思うと温かい日ざしが照り、今日は一転して寒いです。

空気が乾燥してインフルエンザが流行っていますね。

私たちの体、命は、私たちが摂取する空気、水、食べ物で絶え間なく作られ、排出されています。

特に乗務員のみなさんは、不規則で過酷な仕事です。命と安全を守るために、労働組合を取り戻すことと共に「安全で豊かな食事」を心掛けて欲しいと思います。

インフルエンザから守るだけでなく、命と体を守る基盤が食事にあります。


(茨城県ひたちなか市は、「干し芋」の名産地です。専用の芋を蒸し、カットし、冷気と天日にあてて美味しく出来ます。畑には、生産を終えてコンテナが並んでいました。動労水戸OBの川崎さんも、干し芋農家です。)

さて今日は、会社のことだけでなくこの国のことを考えてみたいと思います。

私たちには、人としての自由とその誇りを守る権利があると言われてきました。

自由とは、自らに由って立つこと。誇りとは自分自身を裏切らないことから生まれます。しかし、そう言う自由や誇りを感じて来たでしょうか?

あまり気にしたことは無いと思いますが「憲法」は、この国がどう言う国かを表しています。日本の憲法が「資本主義憲法」であることを知っていますか?


資本主義社会は、労働者が商品の一つとして買われ、働くことで成立しています。資本家が、社会的生産を支配していますので、仕事も独占しています。だから労働者は、就職しないと生活できない構造になっています。

人は、働くことを通して自分の生命力を発揮し、生きがいを感じます。しかし、その一番大事なところを資本家-会社に支配されています。

そこでは、本当には自らに由ることができませんし、自らを裏切ることも発生します。そう言う人は排除されます。


だから本当の自由や平等、等しい権利などこの国にはありません。支配的に生きる人間と働く人間に分裂しているからです。



(「戦艦バウンティ号の反乱」4回も映画化されました。資本主義がはじまった時は、工場でも軍隊でもムチが使われました。「強制よりも自発的に」へと近代資本主義への転換が行われました。)

資本家-会社と労働者の対立が激しくなった時、激化しない様に労働委員会や裁判所に訴えたり、労働基準監督署に行きます。国が中立を取っている様に、見えます。しかし、この国は資本主義体制を守る国です。

資本主義を守るのが本質なのに、自由と平等の権利が人間・労働者にあるとされている。たとえ国家でも侵してはならない人権があると、憲法で定められている。


その建前があるから、強制ではなく自発的に働いてるんだ。過労死するのも、自殺するのもあなたたち自身の責任だと言うことができるのです。


資本家であり株主で構成されている政府自民党は、この憲法ではダメだから変えるんだと言っています。

新しい情勢に入っているから、第9条を変えて自衛隊を国防軍にする。普通に戦争の出きる国へしなければならない、と言うのです。

誰が戦争に行くのか?何で兵器が必要なのか?軍備強化して、戦争をするのは、生きるためですか?生活のためですか?

色んな疑問が湧くけど、人を殺しても自分は生きる。人を殺しても自分の生活が守れれば良いって、実は資本主義そのものの本質だよね。

だから自由や人権が先でなく、資本主義「国家を守る」ことが「公益」であり「秩序」なんだと言っています。


自由や人権があるというのは、あくまでそれを建前にすることで資本主義国家であることを認めさせるために、労働者民衆を煙にまく方便でした。

それを「国や企業があってあなたたちは存在できる。文句は言わせない!」

「たとえ回りがどうであろうとJRという企業と株主が生き残れば良い。」

「日本は、そもそもそう言う国家だから、今こそ曖昧無くはっきりさせよう。」

と言うことです。




(日本の資本家と政治家が良いとする姿。軍服を着せられ、戦争に動員されたのは、労働者と農民でした。)


ムチの代わりに、国家への忠誠を据えて自発的に働かせ、戦争にも動員して資本主義は生き延びて来ました。

今度は、「労働者に低賃金と失業のムチを与えよ!反抗する者には『公益の秩序を乱す反逆者』だから懲罰を加えよ!」


「今までの生ぬるいやり方をぶっ壊す」(JRの現場長と似てませんか?)それで何とか新しい支配秩序を打ち立てろ!って言うことです。

しかしそんなもん、全然新しくない。昔への逆戻りでしかない。労働者が黙って従うことだけが前提条件という情けないものです。だから残年ながら、力が無い。

秩序が壊れ無秩序に向かうことを、「エントロピー増大の法則」と言う様です。宇宙とこの世界の法則です。

無秩序の増大に対して、生命現象とは、自ら先に自分を壊すことで維持されていると言うのです。分解しないと新しいものが作れない。

資本家に新しい秩序なんか作るのは無理って、労働者が職場や社会で日々感じていることです。

それから、資本家・会社に依存した人たちにも現状を壊す力が無いこともはっきりしました。それがJR東労組解体の本質です。

現状を根本から変えるためには、まず自分のこれまでのあり方をぶっ壊す。そうしてこそ生命は維持されます。

まず自分を変えて、世界と社会を変える。その原動力がJRの職場にあるのです。

本当の時代は、私たち労働者の時代です。仕事は辛いけど、みんなでワクワクしませんか!





コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

カレンダー

03 2019/04 05
S M T W T F S
19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

フリーエリア

最新CM

プロフィール

HN:
動労水戸
性別:
非公開
職業:
鉄道労働者
自己紹介:
【国鉄水戸動力車労働組合】
1986年結成。JR東日本・JR貨物とその関連会社の労働者で組織する労働組合です。
全国・全世界の労働者とともに、外注化阻止・被曝労働絶対反対で2019年も闘います!

ブログのご意見・ご感想は↓↓
doromito30th☆yahoo.co.jp
(☆⇒@)

【本部事務所】
310-0011
茨城県水戸市三の丸3-1-3
電話番号:029-227-6020
FAX:029-227-6291

【平支部事務所】
973-8411
福島県いわき市小島町3-3-1 佐藤ビル1階

バーコード

ブログ内検索

P R