「社友会」に入っている青年の意見。

職場から報告が届きました。

「社友会」に入っている青年の一人からの意見です。

「これからのJRの中でどう生きようと考えてるのかな?」と問いかけて見ました。

彼は、「これから車掌をやっていくとか運転士をやっていくという感じではありません。運転士のあとに支社に行ったり管理者になっていく感じです。」

「(動労水戸の)みなさんたちが言う労働の誇りというのは持てないです。」と返してくれました。

これも現実に置かれた青年の素直な気持ちだと思います。


(鉄道人生の最後に、動労水戸に入ってストライキに立ち上がった白土先輩のラストラン。2002年。)

車掌でも運転士でも、自分の仕事に誇りは持てないというのも率直な気持ちだと思います。

運転職場以外は、どんどん外注化が進みJR本体から切り離されています。JRというロゴは入っていても、JRの労働者ではない。

より低賃金で、無権利な労働者に置き換えられています。それを利用者は知りませんので、JR社員と同じ責任を要求しますし、実際に何かあれば責任を取らされます。

するとJR本体は、責任を労働者やグループ企業に取らせて、金儲けに専念すれば良いことになります。巨大な資金がJR本体に集中し、巨大な投資が可能になるのです。

とても良く出来た話です。企業が巨大に繁栄するほど、それに圧倒されて一人ひとりの労働者の存在は、どんどん小さく見えて行きます。


(勝田運輸区旧庁舎前。2001年にストライキをやりました。国分さんがアピールしています。)

しかし、どんなに小さく見えても、一人ひとりの労働者が生きて、働くことがなければ何一つ動かないことも真実です。

そして、人間は決して一人では生きられないのです。良い日もあれば、良くない日もある。元気な時もあれば、体調の悪い日や、落ち込む時もあります。

絶頂期にある池江璃花子選手だって、白血病になる。それが生きているということだと思います。

その時、一番うれしいこと。絶望しないで生きようと思えることは何でしょうか?

たった一人でも良い。うれしいことだけでなく、悲しいことも、苦しいことも、自分を理解してくれる友達がいることではないでしょうか。


(2000年。白土先輩とみんなで旅行に行きました。日光「吹き割りの滝」。)

動労水戸組合員は、国鉄分割・民営化に反対して新しい労働組合を作った時「全員クビになる」と言われました。

40人足らずで、全員20代でした。その時「例えクビになっても、この仲間だったら一生涯の付き合いができる。一緒に生きていける。」だから「恐れるものは無い。恐れるべきは仲間の信頼を失うことだ。」と考えました。

その時は、その時で大変な時代でしたが、「おかしいことはおかしい!」と闘うだけでなく、仲間と良く遊び、良く学び、お互いの信頼を深めて来ました。

仲間の大切さ。それが労働組合の基盤だと思います。そこをしっかり貫くことで労働組合は、働く人の本当の希望になるのではないでしょうか。


コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

カレンダー

06 2019/07 08
S M T W T F S
7
17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

フリーエリア

最新CM

プロフィール

HN:
動労水戸
性別:
非公開
職業:
鉄道労働者
自己紹介:
【国鉄水戸動力車労働組合】
1986年結成。JR東日本・JR貨物とその関連会社の労働者で組織する労働組合です。
全国・全世界の労働者とともに、外注化阻止・被曝労働絶対反対で2019年も闘います!

ブログのご意見・ご感想は↓↓
doromito30th☆yahoo.co.jp
(☆⇒@)

【本部事務所】
310-0011
茨城県水戸市三の丸3-1-3
電話番号:029-227-6020
FAX:029-227-6291

【平支部事務所】
973-8411
福島県いわき市小島町3-3-1 佐藤ビル1階

バーコード

ブログ内検索

P R