ハッピーバレンタイン!

若いみなさんに取って楽しい日になると良いですね。

キリスト教では、聖バレンティウスの殉教の日とのこと。ローマ帝国で、皇帝の命令に逆らって兵士の婚姻を認めたことで処刑された司教の追悼から、愛の告白の日になったそうですね。

大昔から、人間の自由をめぐる闘いがあったのではないでしょうか。



(甘いものが苦手な人には、こんなプレゼントもあります。)

昨日は、日本がどんな国なのかを表しているのが「日本国憲法」だとお伝えしました。

そして、全ての国民には自由や平等という基本的人権があると書かれているけれど、資本主義を守る憲法であること。

たから、資本家に提供された仕事に従事するしかない労働者の人間としての自由なんて、労働組合で団結して闘わずには現実には無いことを明らかにして来ました。


(世界に冠たる日本の米軍基地。その75%が沖縄に。普天間基地のオスプレイ。)


(事故の収束?デブリも、放射性廃棄物も、汚染水も何の目処も立っていません。)

さて、沖縄県民がいい加減にしてくれという米軍基地。国民全体がもう要らないと言っている原発。

この国の主権が、国民にあるとしながら資本家や株主以外の利益を無視する構造には、日本国憲法の上に「日米安保条約」をおいていることがあります。

★「安保条約のもとでは、日本政府とのいかなる相談もなしに…米軍を使うことができる」

★「(原子力利用)の安全の確保については…わが国の安全保障に資することを目的として行う」(原子力基本法)

つまり日米安保条約を憲法の上におくことで、米軍基地や原発の問題について「憲法判断をしない」ことで、日本の政府や政治家は自分たちの責任を逃げて来たのです。

私たち労働者の自由や人権について、憲法で建前ではあるとしながら、働く場では奪い、生活の場でも「安全保障」の名目で自由も人権も無視できるとして来たのです。

嘘で塗り固めて来たのです。


こうして沖縄基地(全ての基地)と原発は、何より私たち労働者の人間としての自由を根本から破壊しています。このことをしっかり見据えなければなりません。


(見事に咲く花桃を横目に130k/hで駆けぬける651スーパーひたち。この数年後背景のこんもりした神社な杉の木が架線に倒れかかり大惨事となった。友部ー内原  国分勝之撮影。)

私たちは、職場での自由や誇りを人として生きるために曖昧にしてはなりません。それは、仲間の自由や誇りを守り、その身になって考えるということと同じです。

人間らしく生きるためには、職場と生活の場は分離できませんね。

だから労働組合は、職場で組合員を守ると共に、生活する場の自由と権利についても一体で取り組まないならば、言っていることが半端になってしまうのです。

私たちは、人間の自由、誇りを守り、お互いに尊敬できる社会を作るために闘っています。

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

カレンダー

03 2019/04 05
S M T W T F S
25 26 27
28 29 30

フリーエリア

最新CM

プロフィール

HN:
動労水戸
性別:
非公開
職業:
鉄道労働者
自己紹介:
【国鉄水戸動力車労働組合】
1986年結成。JR東日本・JR貨物とその関連会社の労働者で組織する労働組合です。
全国・全世界の労働者とともに、外注化阻止・被曝労働絶対反対で2019年も闘います!

ブログのご意見・ご感想は↓↓
doromito30th☆yahoo.co.jp
(☆⇒@)

【本部事務所】
310-0011
茨城県水戸市三の丸3-1-3
電話番号:029-227-6020
FAX:029-227-6291

【平支部事務所】
973-8411
福島県いわき市小島町3-3-1 佐藤ビル1階

バーコード

ブログ内検索

P R