動労総連合「外注化出向差止裁判」がありました。

みなさん、暖かさが少しづつ増して梅が綺麗ですね。




(梅にも色んな種類がありますね。)

2月22日に、動労総連合(千葉・水戸・高崎)の組合員の検修外注化に伴う強制出向命令の無効を争っている控訴審が東京高裁で開催されました。

この裁判は、昨年証拠調べも行わず審理を終了しようとした裁判官を忌避(裁判官の交代を要求すること)し中断していていました。その申し立てが棄却され、再開されたものです。

組合側弁護団は、前回の弁論から情勢が変わっていること。何よりも出向させた理由が立証不足であること。エルダー制度が変わり、そもそも出向する目的がなくなっていること。など、重大な理由から審理継続を要求しました。

しかし、裁判長はこれを聞き入れず審理の終結を宣言、判決日を5月10日としたのです。


(十分な審理をせず判決を強行する東京高裁に抗議する動労総連合の組合員)

JRに採用された労働者を本人の同意もなく、外注会社に出向させる。

外注化によって、JR本体の鉄道業務が無くなる。したがって、出向に出された労働者がJRに戻っても、仕事は無くなる。

もし同じ仕事がしたければ、外注会社にいるしかなくなる。こうして「本人希望」で外注会社にいるしかなくなるのです。つまり、転籍の道が敷かれています。

この裁判は、組合員に対する強制出向を無効とすることを求めるばかりでなく、検修・構内外注化の違法性を争っています。さらに運転部門の全面外注化に突き進もうとする会社にブレーキをかけてきました。


(動労水戸から高野交渉部長。土浦の構内運転士の曲山さんも参加しました。)

外注化された職場では車両の衝突やポイント割り出しなど重大な事故が連発しています。

外注会社では、教育や経験の蓄積も無く、技術継承がされていないことが大きな原因のひとつです。外注会社に採用されたプロパー社員も低賃金すぎて長続きしません。

低賃金で、パワハラ支配では仕事に誇りなど持てないのです。アルバイトや非正規雇用労働者の反乱が由々しき問題となっています。

外注化・非正規雇用化の先に私たち労働者の未来も、社会の展望もありません。

働く人々から仕事と生活の場を奪うことで、原発建設が進められました。原発と関連企業で働くことしか、できなくする。すると原発を容認するしか無くなります。

同じことをJRはしています。それまでやってきた仕事を、そのままではできなくする。生活するためには、出向だろうと転籍だろうとしたがうしかなくなるのです。

みなさん。過労や被曝によって命を削られ、奪われながらしか生きられない構造そのものを、逆にぶっ壊す時が来ていると思いませんか?

自分たちの職場代表を選び、みんなの力で奪われているものを取り返しませんか?

動労水戸の組合員と共に闘いましょう。

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

カレンダー

03 2019/04 05
S M T W T F S
19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

フリーエリア

最新CM

プロフィール

HN:
動労水戸
性別:
非公開
職業:
鉄道労働者
自己紹介:
【国鉄水戸動力車労働組合】
1986年結成。JR東日本・JR貨物とその関連会社の労働者で組織する労働組合です。
全国・全世界の労働者とともに、外注化阻止・被曝労働絶対反対で2019年も闘います!

ブログのご意見・ご感想は↓↓
doromito30th☆yahoo.co.jp
(☆⇒@)

【本部事務所】
310-0011
茨城県水戸市三の丸3-1-3
電話番号:029-227-6020
FAX:029-227-6291

【平支部事務所】
973-8411
福島県いわき市小島町3-3-1 佐藤ビル1階

バーコード

ブログ内検索

P R