知ることの大切さ。黙っていると損をする社会。

みなさんおはようございます。
お彼岸が近づき、ますます春めいて来ました。

昨日は、勝田車両センターの職場集会がありました。職場代表選挙に立候補者して支持を伸ばせなかったことや、決戦投票でどの候補に投票するか、について意見を交換しました。

票を伸ばせなかったことについては、動労水戸がまだまだ職場の青年たちに支持されていない現実を受けとめ、みんなで頑張ろうという話になりました。

また、決戦投票では「会社の候補に入れることはあり得ない。」と全員一致で、東労組の青年に投票することになりました。


(勝田車両センター)

MTSに出向させられている組合員からは「2月26日の団体交渉で (正確には1月7日の団体交渉申入れ後、1月10日から是正されました。)清掃の班長が作業開始に間に合わせるために、『前残業』しているのに超過勤務として賃金が払われていないことを問題にした。そしたら一人6~7000円支払われる様になり感謝されている。」との報告もありました。

他方「終業時間が近くになるとパソコンの前に座りだす管理者がいる。払う金を払わずに自分たちは、超勤稼ぎをしている。」と言う職場の人たちの声も紹介されました。


(勝田車両センターの二つの出入口に監視カメラが設置されました。労働者に監視されるべきは会社と管理者の方では?)
 

さて、みなさんに伝えたい大切なことです。国家・地方財政が借金だらけになり、少子高齢化や国際経済対立で企業の存続も安泰ではない時代に入りました。

国も自治体も企業も、私たち労働者にが当然持っている権利について知らせなくなっているばかりか、ごまかそうとします。つまり「知らないと損をする時代」「黙っていたのが悪いとされる社会」になっているということです。

一生平社員どころか、コツコツ働いても安定も将来も描けない人がドンドン増えています。この時代を生き抜くに力は「頼れる人」と「知識」をしっかり持つことにあります。

時代と労働者の現実のど真ん中に、労働組合を打ち立てましょう!


(ちょっとオマケ。勝田車両センターに配属されているE653国鉄色。)
 

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

カレンダー

06 2019/07 08
S M T W T F S
7
17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

フリーエリア

最新CM

プロフィール

HN:
動労水戸
性別:
非公開
職業:
鉄道労働者
自己紹介:
【国鉄水戸動力車労働組合】
1986年結成。JR東日本・JR貨物とその関連会社の労働者で組織する労働組合です。
全国・全世界の労働者とともに、外注化阻止・被曝労働絶対反対で2019年も闘います!

ブログのご意見・ご感想は↓↓
doromito30th☆yahoo.co.jp
(☆⇒@)

【本部事務所】
310-0011
茨城県水戸市三の丸3-1-3
電話番号:029-227-6020
FAX:029-227-6291

【平支部事務所】
973-8411
福島県いわき市小島町3-3-1 佐藤ビル1階

バーコード

ブログ内検索

P R