常磐線全線開通を前に起きていること

8年目の3・11を迎え、動労水戸ブログで「セシウム137の半減期が30年であることを思いだそう。チェルノブイリ事故では、10年経って健康被害が明らかになった」ことを伝えました。

放射能は、体内に入ることで細胞を破壊する猛毒です。まず、自分や家族を守り、仲間と生きるためにこの事実をハッキリと見ませんか?


(今朝のNHKニュース。福島県内の山林の土壌には、セシウムの90%が残っている。水の汚染は基準値以下だが、魚のヤマメは基準値の100ベクレルを超えているという報道でした。)

職場の青年からの情報です。
「いわきの電力のOBでエルダーをしていた人が、昨年白血病で亡くなった。また原町運輸区では、年配の車掌二人がガンを発症している。」とのことです。

ここでは、放射性物質が出す放射線が細胞の遺伝子情報を破壊すること。正常な細胞が回りの細胞と協調しながら臓器を形成して行くことに対して、勝手に、どんどん増殖して行くのがガン細胞であり、放射線がガン細胞を生み出すということは、いったん置きたいと思います。

自分がガンだと宣告された大抵の人は、「自分は大丈夫だと思っていた。」と語ります。逆に言えば、人がガンになっても自分の身には降りかからないと思っているのですね。

かと言っていつも不安を抱えているのでは、心がまいってしまいます。大切なことは、根拠の無い思い込みで「自分は大丈夫だ」なんて思わないこと。同じ様に「もうダメだ」とも思いこまないことだと思います。

私たちが向き合っている事実から出発しましょう。職場の仲間に起きていることは、自分たちと無関係ではない、ということです。命の危機や痛みは、仲間も自分も同じだと言うことも。


(国分勝之撮影)


福島から新潟に避難した家族の話も聞きました。子供の甲状腺に嚢胞がみつかったという家族です。避難してから、子供の嚢胞が小さくなり、今は新潟で心配なく過ごしているそうです。対策をしっかり取ることの大切さです。

ガンにならないための対策も、ガンになってしまった場合の対策も人としての免疫力を高めること。免疫力の敵はストレスです。水や食事を粗末にすることは、肉体のストレスになります。職場環境の悪さは精神のストレスになる。

根拠の無い安全宣告で、常磐線全線開通。ダイヤ改正で倒れそうな労働条件を強制され、添加物だらけのコンビニ弁当やカップラーメンを食べるしかない乗務員の現実。

散々免疫力を低下させて、放射能を取り込む。ガンだけでなく、病気のリスクが高くなるのは当たり前ではありませんか?

東海村の住民は、先日の原発でのトラブルの際に東海村からの情報がほとんど届かなかったと言います。トラブルがあったことを知って、安定ヨウ素剤を飲もうかと思ったと言います。自治体も頼りにならないと怒っています。居住地も安全でない。


(国分勝之撮影)

こうした状況の中で本当に強い人は、信頼し頼れる仲間がいる人。正確な知識で生き抜く人だと思います。

職場では、年間被曝線量が20ミリシーベルトにされていることに対して「見えないから、影響が分からないから、なにをやってもいいと言うことではないだろう」と言う声も出ています。

基準値や規定とは、それで安全等と言うことは意味しません。命と安全を守っているのも労働者自身なのです。

同じ人間として、仲間の痛みを自分の痛みとして一緒に生きる。自分たちの生身の現実に立ったところから、生きるための知識をお互いにつかんで行く。

それを集団で実現できるのが、労働組合なのです。

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

カレンダー

10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

フリーエリア

最新CM

プロフィール

HN:
動労水戸
性別:
非公開
職業:
鉄道労働者
自己紹介:
【国鉄水戸動力車労働組合】
1986年結成。JR東日本・JR貨物とその関連会社の労働者で組織する労働組合です。
全国・全世界の労働者とともに、外注化阻止・被曝労働絶対反対で2019年も闘います!

ブログのご意見・ご感想は↓↓
doromito30th☆yahoo.co.jp
(☆⇒@)

【本部事務所】
310-0011
茨城県水戸市三の丸3-1-3
電話番号:029-227-6020
FAX:029-227-6291

【平支部事務所】
973-8411
福島県いわき市小島町3-3-1 佐藤ビル1階

バーコード

ブログ内検索

P R