前回のブログの訂正

みなさんおはようございます!

国分勝之さんからブログの内容に訂正が入りました。


(国分さんが末続~広野間で撮影した651系付属編成の写真です。)


「震災前仙台までのスーパーひたちは、いわきで切り離していわき以北は651系4両が基本。多客期は11両で運転されていた。E657系は10両固定編成。連結・解放は今のところ想定されていない。」とのことでした。

つまり震災以前基本4両で運用していた仙台までの直通特急を、ほぼ乗客がいない現実の中10両編成のE657を走らせる。

そして、福島第一原発のそばを、車掌一人乗務で走らせるということになるわけです。

「想定外」で爆発した原発のわきを無理やり通し、想定外の事態を考えないのか?

それとも、はじめからから乗客などいないことを想定しているのか?

JR東日本は、きっちり説明すべきではないでしょうか?

ブログ読者からの御意見ありがとうございます。

梅雨らしいうっとおしい天気が続いています。皆さまお疲れ様です。水害被害も出ていますが、今日も無事に活躍ください。

昨日は、来年3月に常磐線の全線開通と共に仙台直通の特急を走らせるというJR東日本の発表に対し、「現場労働者こそが真実を知っている」そして「現実を変える力がある」と訴えさせていただきました。


 (常磐線を走るE657系特急電車。国分勝之撮影)


それに対して、ブログを見ていただいている人からメールが寄せられました。


とのことです。現在の利用状況の現実ですがやはり驚きです。


さて、もうひとつのあまり知られていない真実をお伝えします。

私たちの測定で、常磐線特急が出る東京駅8番線のプラットホームの放射線量は、0.2μSv(マイクロシーベルト)ありました。

福島県いわき駅周辺の空間線量は、約0.1μSvですから倍近いことに驚きました。

東北新幹線では、福島県を通り集塵した機器から高線量の廃棄物が出ていることが車両基地で問題になりました。仙台駅でも線量が高い場所があると、動労福島の仲間が問題にしています。

残念ながら、東京では問題にされていない様ですが、東京駅の線量の事実をみなさんはどう思いますか?

このもうひとつの事実を見て、東京(品川)⇔仙台間の常磐線全線開通がもたらすものが果たして何なのかを考え直して見ませんか?


 (651系は7両編成で上野⇔仙台直通でしたが、E657系は10両基本編成です。国分勝之撮影)

若ものや住民が帰還しない町に、「復興」だ「オリンピック」だと常磐線を全線開通を急ぎ、お祭騒ぎをした後、乗客のいない列車が運び続けるのは、実は放射性物質では無いのか?

「安全だ」と言い切る国もJRも、放射線量の測定など行ないません。不都合な真実を隠すことは、年金問題を見るまでもなくいつものことです。

そして「安全運転、安定輸送」のスローガンの下、この列車に乗務するのも、検査するのもJRの労働者です。清掃や床下で汚物抜きをするグループ企業労働者も、先ず労働者が被曝するのです。

果たしてこのままで良いのでしょうか?

職場の人にしか分からないことがある

今朝の「福島民友」を組合員が送ってくれました。



現職死亡がまれな中で、いわき運輸区で何人亡くなっているか?運輸区の人たちが一番知っています。

みんな人の子供で、親かもしれません。


もう一度、母の思いを思いだそう。

そして、

K544で勝田車両センターではどうだったかお知らせしました。

会社は、合理化や国のために安全の根拠を調べていません。

運転に携わる者の常識は「大丈夫だろう」ではなく「危険があるかもしれない。」「だろう運転ではなく、もしかして運転」が常識だ。しかし、国も会社も「大丈夫だろう」で突っ走る。原則さえかなぐり捨てています。



職場の労働者の真実の中にこそ真実があります。

全ての労働組合が問われているのでは無いでしょうか?

今こそ競争でなく、命を守る団結を!

労働組合は「義理と人情」

政党が理想や正義を掲げ、そこに向けて人を見て行くのに対して労働組合は、一人ひとりの労働者の日常の中に基盤を置きます。

働くこと、生活することに現実の実体がある。そして、その基盤を土台にした仲間との関係を生きる。

だから仕事と生活を土台にした「義理と人情」を重んじます。

国鉄分割民営化に対して、許せないという思いは一人ひとりの中にあると同時に「仲間や組合員への非人間的し打ちが許せない!」という思いと一緒でした。

「絶対反対」が先にあるのではなく、労働者が大事にして来たことを破壊することへの怒りがあって、絶対反対というスローガンがあるのです。

それが逆になると、スローガンが生きた労働者を支配し、生命力の無いスローガンになるのです。



 (小樽駅前の成田さんと動労水戸の池田さん)

動労水戸組合員と同じく、国鉄分割民営化は許せない!解雇撤回を自分の生き方として貫いている北海道の成田さんを、動労水戸の池田さんが訪ねました。

マイルをコツコツ貯めて、2泊3日で34500円だったそうです。


 (池田さんを歓迎する成田さん。)

成田さんは、元国労の組合役員です。国鉄分割民営化で組合員を守り、解雇されてから32年。北海道でたった一人、和解を拒否して闘い続けています。

あらゆる虚偽を憎み、動労水戸を信頼し続けています。


 (ジンギスカンですね!さすがに良い色してますね。)


 (たらば蟹も!)


 
  (さらに皮まで美味しいシャケだそうです!熱く語りながら、北海道三昧だったそうです。)

労働者を愛し、北海道を愛するからこそ怒りと悔しさを体に刻み込みながら生きてきた。

だから動労水戸組合員と分り合えるのだと思います。

労働組合は「義理と人情」とは、故中野洋動労千葉前委員長の言葉です。

成田さんも動労水戸も、これを信条にして頑張っていきます。

531系トイレ交換をしながら

ふだんは気にかけませんが、いざとなるとみなさんに取って実に重要な電車機器があります。

中距離電車のトイレです。使用頻度が高い分、故障することも多いのですが例えば531系だとユニットまるごと交換することが多いのです。



炎天下で勝田駅構内に留置された車両のトイレ交換に二人で行ったことがあります。

メインで作業するのも動労水戸組合員でした。

高校を出て国鉄に就職したら、5年で別会社になると勝手に決められました。国鉄最後の採用者です。

就職する時にそんな話は聞いていない。国鉄労働者はたるんでいると、それまであった権利をどんどん奪われました。

たるんでいるも何も、国鉄に入ったばかりでした。運転士試験に合格したのに、発令もお預けになりました。

「ふざけるんじゃねー!」と動労水戸結成に加わったら、水戸から真岡に飛ばされ、新会社になったら土浦のベンディング(飲料の自販機管理)に飛ばされました。

国鉄分割民営化反対を貫き、動労水戸に所属する組合員には徹底した見せしめが行われ、脱退した者から運転士に登用する。

昇進試験は、名前を書いたら落とされると言われました。その組合員は20代から40代まで20年間鉄道の仕事から外され40を過ぎてからベンディング廃止で、勝田車両センターに配属されました。

それから20代の青年に仕事を教わり、検査を習得したのです。



決して器用な人でないと思います。しかし、決して投げない。決して負けない。

悔しさや怒りを、自分の体に刻み込みながら不屈にやりとげる。

黄色い汚物が吸い込まれないまま残る便器に、布をかけて正面のビスを外して行く。ビスが便器に入れば、さらに動作不良をもたらすからです。

エアや水のコックを切り、パイプを手探りで外して行く。その作業をやり易くするために便器自体を持ち上げるサポートをする。

サポートをする私は、勝田駅売店廃止で、彼の3年後に車両センターに配属になりました。

職場をバラバラにされて25年ぶりに、同じ職場で同じ仕事をする喜び。その幸福感に比べれば汚物などどうということはありませんでした。

その組合員は、最高裁で勝ち車両センターの構内運転士になり、さらに50才を過ぎて大子で水郡線の本線運転士になったのです。

一つひとつが、とてつもない試練であり挑戦でした。それを自分の身に刻み込みながら生き抜いて来ました。

動労水戸という労働組合は、一人ひとりの組合員が苦労を刻み込み、涙と笑いを共にして支え合って来た労働組合です。

ですから、仲間を低めることを絶対許さない労働組合と言えます。

カレンダー

07 2019/08 09
S M T W T F S
1
5 6 8 9
11 15 17
18 19 20 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

フリーエリア

最新CM

プロフィール

HN:
動労水戸
性別:
非公開
職業:
鉄道労働者
自己紹介:
【国鉄水戸動力車労働組合】
1986年結成。JR東日本・JR貨物とその関連会社の労働者で組織する労働組合です。
全国・全世界の労働者とともに、外注化阻止・被曝労働絶対反対で2019年も闘います!

ブログのご意見・ご感想は↓↓
doromito30th☆yahoo.co.jp
(☆⇒@)

【本部事務所】
310-0011
茨城県水戸市三の丸3-1-3
電話番号:029-227-6020
FAX:029-227-6291

【平支部事務所】
973-8411
福島県いわき市小島町3-3-1 佐藤ビル1階

バーコード

ブログ内検索

P R