「痛い」「つらい」「悔しい」体験の大切さ

動労水戸。本日14時から水戸地裁で公判があります!宜しくお願いします。

「絶対安全」なんて無い。まして、利益優先で飽くなき効率化と労働強化に走る企業や社会に、安全はおろか人としての未来は無いことを伝えて来ました。


「100%の安全を保証する」ということは、実は人の信念や失敗に学ぼうとする意思や意識の中にあるのです。終わることの無い探究や挑戦が、生きているということそのものなのだと思います。


 (国鉄で活躍したED75電気機関車)

先日は、雪印乳業の例をあげました。さらにさかのぼりたいと思います。1962年常磐線で三河島事故が起き160人が死亡しました。その翌年1963年には、三井三池炭鉱で炭塵爆発事故が起きました。死者が458人、重軽傷が555人に上り、助かった労働者も一酸化炭素中毒で生涯苦しむことになりました。

微粉状の可燃物が、空気中である一定の濃度に達した時引火すると爆発を起こすのです。こうした爆発は、福島第一原発での水素爆発でも起こりました。

炭塵爆発を止める基本的手段は、清掃と水撒きです。ところが、政府を先頭に「時代は石炭ではなく石油だ」と、利益を上げる阻害物として労働組合破壊を進め、それと一体で効率化と大量解雇を行いました。そして、安全管理を担当する労働者が、ムダだと減らされたのです。こうして大事故が起こされたのです。

今の状況と良く似ていませんか?

大きな失敗ですが、高度経済成長の犠牲者として労働者が葬り去られて来ました。この痛みを忘れない役割が、労働組合にありました。しかし、国鉄分割・民営化の時には「闘っても負ける」(?)教訓としてひっくり返されてしまいました。


  (労働者の歴史。一体どれ程悲しみの涙が流されて来たことでしょう。)

時代はもはや「経済成長」が、青年たちの夢や未来を切り開くどころか逆に「夢も希望も描かせない」状態に入ったことを示しています。

私たちは「痛い」「つらい」「悔しい」という生きた体感を伴わない、安易なサービスや情報の一方的受け手とされ、消費するだけの存在とされています。

人間性の無い低賃金労働で購入できるものは、より低賃金な労働者が作る安易な商品です。

本当に大切なものではなく、安易なものに囲まれているのではありませんか?

人々を守る本当に大切な人々を、無駄で無用としてしまうことで、巨大な爆発が準備されてはいませんか?


私たちは、行動することで体感します。行動して失敗したことが、痛みやつらさ、悔しさの感情を伴う時、私たちは新たな知識を真剣に求め受けいれ様とするのだと思います。

こうした体感を伴わない、頭だけの知識は本当の知識にはなりません。「痛みが無い」知識とは、やはり安易であり、危険なことなのではないでしょうか。

無人化電車逆走事故に対するJR東日本深沢社長の発表

シーサイドライン逆走に続き、ブルーライン脱線。最新鋭の鉄道で連日信じられない様な事故が発生しています。

その渦中でのJR東日本深沢社長の発表にネットでも批判が高まっている様です。みなさんはどう思われるでしょうか?

JR東日本「自動運転は安全性検証しながら開発」

NHK 2019年6月4日 17時00分

JR東日本「自動運転は安全性検証しながら開発」


 (深沢JR東日本社長)

横浜市の新交通システム、シーサイドラインの逆走事故について、鉄道への自動運転の導入を目指しているJR東日本の深澤祐二社長は、原因究明の結果を踏まえ安全性を検証しながら開発を進める考えを示しました。
JR東日本は、将来的な人手不足に備えるため、運転士が乗務しない自動運転の導入を目指し、ATO=自動列車運転装置を備えた車両を使って山手線で走行実験を行うなど、システムの開発を進めています。

シーサイドラインの事故について、深澤社長は4日の定例の記者会見で「原因究明の結果を踏まえ必要な対策を講じる。今進めているドライバーレス化に向けた開発は、引き続き安全性を検証しながら進めていく」と述べました。

JR東日本は2027年までの中期経営ビジョンで、一部の路線について緊急時に備えて車掌などの係員だけが乗車する自動運転の構想を明らかにしています。さらに、将来的には車掌を含めた乗務員を完全に無人化することも検討しています。
 

  (横浜ブルーライン)
 
JR東労組。現場の青年たちは踏ん張っていますが、「必要な効率化には協力する」立場にだったと思います。無人化に反対はしないのでしょうか?

安全の根本に関わる課題ではないですか?

「お前がいるから助かるよ!」労働組合の原理

梅雨入り前ですが、猛暑に近いですね。体調管理をお互いに気を付けて、安全第一で頑張りましょう。

みなさんは「ワークショップ」ってご存知ですか?セミナーとは違い、体験型講座のことを言うのですね。

例えば、ロッククライミングをやって見る。自分自身の判断で、岩を登る判断をしなければならない。高所ですし、自分で判断するしかない。


 
(ロッククライミングではありませんが、山登りも磁石や地図の見方など基本が大切な様です。国分さんは、列車ダイヤも地図も良く見ます。)

すると日頃は職場のリーダー格で、偉そうなことを言っている人が情けないことになることがあるそうです。

結局、決められた狭い範囲で通用していることが、そのまま通用しないという経験を学んだりする訳です。

でもそれは当たり前のことです。どんな仕事をしても「餅は餅屋」と言う様に(古い例えでしょうか?)、人はそれぞれ他の人と違う経験を積んでいますし、増して自分の仕事と真剣に向き合って来た人の話は、自分ではできない体験の宝庫ではないでしょうか?

だから、自分の経験だけが凄い、自分だけが大変だという人は、もったいない世界に生きていることになります。

労働組合が面白いのは、色んな人生や経験を重ねて来た人がその経験を語り、今を生きる知恵や力に満ちていることを知ることができることにあります。

そう言うひとり一人の存在と力が、労働組合の力です。本当は、労働者が社会を動かしているのですが、労働者なんか取るに足らないと言って搾り取るこの社会への根本批判が労働組合にはあります。

また、そう言う労働組合でないと力を持たないのだと思います。


 (今や絶滅寸前ながら、国鉄時代小さい体でブルトレを牽引していたED75です。)

国鉄を分割民営化し「豊かで便利な社会を作る」と言われました。労働組合は、「過去の遺物」「働かないための社会悪」とされて葬られて来ました。

実は、その間進められたのは派遣や非正規雇用の全面化「豊かさ」は、青年たちの未来を破壊することで富裕層がより潤うことでしかなかった。

「便利な社会」って、人の存在や経験を無駄なこととして軽くされる社会だった。例えば、大工さんの自動釘打ち機は、熟練や良い仕事を無用にしました。

何かしら困難に当たると、その道の経験者に頼らずともマニュアルがあり、YouTubeを見ればツボやこつまで出されています。

「だから大丈夫。」?本当だろうか?現実の困難や選択とは、限りある自分自身の困難や選択だ。自分でやるしかない時に、本当に力になるのは、精神であり感情、つまりモチベーションこそが決定的ではないでしょうか?

精神や感情を支えてくれるのは、生きた人間であり、実は自ら困難を越えて来た人にしかできないことなのです。


子供たちや青年の活躍の場を奪い「あなたがいるから助かる」と子供や青年に本気で頼まなくても済むと思っている現状を、先ず労働組合から変えることでぶっ壊す時だと思います。

そこに時代への回答がある様に思います。

生きることは「限りなき探究」と挑戦じゃないか

みなさん今日もお疲れ様です。

川崎殺傷事件で、引きこもりが改めてクローズアップされ、今度は引きこもりの息子を殺害する悲惨な事件が起きました。父親が国の役人だったために、より大きな衝撃を与えました。

国鉄分割民営化からの1990年代から、失敗も含めた経験を積み、地道に仕事を成し遂げて行くそれまでの労働が軽視され、サービス産業が儲けの中心になって行きます。

2008年のリーマンブラザーズの破綻がもたらした世界的金融危機は、より一層の株価史上主義=労働を低め雇用すなわち就職状況を激変させていきました。

フリーター、派遣、パート労働が青年たちの大半を占めていくことになりました。教育も、就職活動や資格取得も金儲けの場にされ、そこで語られる理想や夢と労働現場の現実がどんどん合わなくなりました。

私たち労働者の現実は、求職したり、仕事をしているその場にあるのに、その場の現実は問題にされることがありません。逆に「あれが足りない、これが欠けている」と現実を分かりもしないくせに説教が語られる。

夢は、ヒーローやヒロインの中にだけあって自分の生きている現実なんかに夢も希望もない。

青年たちには、引きこもる理由があるのではないですか?そして、それは日本の青年だけでなく「市場原理」で、人間自身を物の様に扱い、搾取して来た世界の国々の青年たちに共通しているのです。



  (現在は廃車になった。国鉄型583とK30・485です。583は国鉄時代寝台特急「ゆうづる」として常磐線も走っていました。)

北朝鮮や中国を見るまでもなく、労働者は社会主義を志向していません。理想や正義を追い求めさせられ、金儲けの道具にされる資本主義か、党・国家支配の絶対化かなんてどちらもまっぴらごめんなのは当たり前です。

しかし、資本主義というのは、人間を完璧な搾取の素材、つまり物にして行くシステムです。だから、その到達点では人間は生きられないので人類は滅亡する。 

そう言う矛盾と限界を持っています。では、私たちが生きる基盤としての確かな実体とはどこにあるのでしょうか?

仕事を通して他の人と関わる中で生きていること。労働を通して社会に関わっていることではないでしょうか?


 (国鉄時代「休養室」だった動労水戸事務所。古い建物ですが、水戸駅が良く見えます。)

資本主義社会だから、基本的に会社に就職しないと仕事ができないし、生活ができません。それが人に取って仕事が何か、人と人との関係は何かを歪めているのです。

だから、人として生きること、人と人との本当の関係は会社や組織の支配から離れ、本質から見ることで見えてくるのだと思います。

仕事への姿勢が、仲間への姿勢であり、実は人への向き合い方そのものであること。そして、困難に立ち向かい仲間と共に生きることを貫くことが、他の人々の生きる力や希望になる。

希望や展望は、美しく飾られた言葉にあるのではなく目の前の、周りの労働者が輝いて生きていることで生み出されるのです。

だから労働者が輝かない社会にも、会社にも、どのような組織にも未来はないのです。

それが、動労水戸が1970年代後半から今日まで、時代と格闘し、闘い抜いて来たひとつの結論だと思います。


 (1969年、その時代の先端だったジャズのひとつミロスラフ・ビトウスの「限りなき探究」。青年も労働者も輝いていた。)

「ずさんな衛生管理」最大の原因は過酷な労働!

みなさんお疲れ様です。

今日の表題。何のことだか分かりますか?乳製品では圧倒的シェアを誇っていた「雪印」が2000年に「歴史的な食中毒事件」を引き起こし解体されたのですが、その時の最大の失敗の原因は「過酷な労働」にあったという教訓でした。


実際の失敗や事故は、ひとつの要因で起こる訳ではありません。いくつかの要因が複雑に絡みます。

ですから、危険を察知する人の目やチームワークが失敗や事故の芽を摘んで行くのです。不断の努力によって安全は守られます。「機械は故障する。人間はミスをする。」からです。

ところが雪印は、見せ掛けの利益(数字)にこだわり、コスト削減にばかり目が行き、従業員は毎日残業で深夜帰宅、疲労が取れないまま早朝出勤。管理者は保身に徹したのです。その結果、衛生管理がどんどんずさんになりました。そして最大の食中毒事件を起こしたのです。


  (勝田車両センター構内にも交流20000ボルトの高圧が流れています。車両の電気関係の修繕ではパンタグラフを下げ、バッテリーを落としてから作業します。屋根上の修繕は、断路器で20000ボルトを切って作業します。一歩間違えば、命に関わる仕事をしながら、電車の安全が守られているのです。)

さて、みなさん一番の安全対策は何だと思いますか?最も大切なのは、十分な休養。余裕のある作業。つまり労働条件にあります。

そして徹底した安全第一の社員教育ではありませんか?上層の自己保身は、危機に対する対応の遅れしかもたらしません。それが2000年の雪印の教訓でした。

では2011年の大震災と原発事故ではどうでしたか?今JRが、現場を無視してしゃにむに進めていることはどうでしょう?

私たちは反対したんだ!ということを大事故が起きた時の言い訳にすることは、できないのです。私たちは、100パーセントの安全を保証することで、乗客に安心して乗って頂いているのです。

私たち労働者と労働組合が言い訳をしたら、終わってしまうくらい責任が重いのではないでしょうか?

昨日寄せられた青年の声です。

「仕事によっても違いますが、人の命を預かる仕事に妥協してはいけないと思います。そういう人が居なくなったら終わりです。

鉄道のフェイルセーフの原則は今や『止まること』から『儲けること』にシフトチェンジしてるのかもしれませんね
フェイルセーフでも何でも無いやんけ!!!」

カレンダー

05 2019/06 07
S M T W T F S
8
18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

フリーエリア

最新CM

プロフィール

HN:
動労水戸
性別:
非公開
職業:
鉄道労働者
自己紹介:
【国鉄水戸動力車労働組合】
1986年結成。JR東日本・JR貨物とその関連会社の労働者で組織する労働組合です。
全国・全世界の労働者とともに、外注化阻止・被曝労働絶対反対で2019年も闘います!

ブログのご意見・ご感想は↓↓
doromito30th☆yahoo.co.jp
(☆⇒@)

【本部事務所】
310-0011
茨城県水戸市三の丸3-1-3
電話番号:029-227-6020
FAX:029-227-6291

【平支部事務所】
973-8411
福島県いわき市小島町3-3-1 佐藤ビル1階

バーコード

ブログ内検索

P R