常磐線富岡延伸絶対反対!9・23いわき闘争へ!




9・23いわき集会

9月23日(土)13時開始 @平中央公園

今こそ動労総連合へ!動労水戸青年の訴え③

「労働組合は労働者の為のもの」 という考え大事に
動労水戸に加入


動労水戸・羽部圭介組合員



私が動労水戸に入ったきっかけは、検修業務の外注化問題でし た。この話を初めて聞いた時は、ただ漠然と「何で赤字でもないのに外注化するの?」「職場が二つに分かれる(分断される)のでは?」「問題が発生しても責任の所在が曖昧になって安全の低下に繋がるのでは?」等、次から次へと疑問が沸きだしました。

「偽装請負」なんて事はわかりませんでしたが、仕事がやりづらくなるんだから、やめるべきだという考えにたどり着きました。

正直に言うと、私は労働組合というものにはあまり関わりたくないと思い、距離を置いてきました。それでも「労働組合は労働者のためのものだよな」という考えだけは大事にしてきました。 だからこそ「外注化は労働者の為にならないのではないか? ならば、おかしいと声をあげるべきだ」と考えました。

当時、所属していたJR東労組は、外注化に協力する方針が本部大会で決定されていました。反対意見を言っても、最後は組合員として従わないといけません。自分の気持ちに妥協して組合方針に従うか?自分の気持ちに正直に従うか?かなり悩みました。どちらも間違いではないと思います。

しかし、私は「労働組合は労働者の為のもの」という自分の考えに従いました。「やはり外注化は労働者の為のものではないから反対だ。組合方針には従えない」という事で、外注化反対を訴える動労水戸に入りました。

もちろん、組合移籍の過程で人間関係に影響がなかったと言えば嘘になります。しかし全ては自分がやった結果です。今も東労組の仲間に正直申し訳ないとも思いますが、後悔はしていません。

動労水戸も青年が5人になりました。確かに少ないかもしれませんが、お互いの考えを尊重し、おかしい事には声をあげるという当たり前の事をしていけば、必ず仲間は増えると信じています。

動労水戸情報620号

ダウンロード


会社も国も絶対に責任を取らない!命の問題を真剣に考えよう

常磐線富岡延伸絶対反対


核戦争の危機と原発の脅威

米トランプ大統領と安倍政権は北朝鮮・金正恩体制を兵糧攻めと軍事演習で追い詰め凶暴化させ、先制攻撃・核攻撃までも正当化しようとしている。これに対して北朝鮮が日本を越えてミサイルを飛ばした意味は、グアムに届かずとも在日米軍を叩けるという意思表示だ。

日本には54基の原発がある。電源を失い冷却水が止まれば、福島第一原発と同様に爆発する。滅亡の淵にある金正恩が日本の原発を狙わないなどと考える方が空論だ。ただ恐怖を煽るだけのJアラートのくだらなさを、国民全体が体験した。

自分たちの不正・腐敗を隠すための安倍政権のウソに騙されてはならない。彼らこそ、かつての戦争で日本人310万人の命を捨てさせ、アジアで3千万人を越える命を奪った連中の後継者であることを思い出そう。
常磐線全面開通の暴挙 反対しない労組は偽物
安倍政権とJR東日本は、20年東京五輪を前に常磐線の全面開通を目指し、今年4月1日の浪江開通に続いて10月21日に富岡開通を強行しようとしている。原発事故の被害を隠し、福島県民に帰還と被曝を強制し、切り捨てるための暴挙だ。

動労水戸は、8月27日いわき市においてふくしま共同診療所医師の杉井吉彦医師を招いて学習報告会を開催した。この会には、組合員だけでなく原発技術者や地元の教員などの市民も参加した。



そこで報告された実態は恐るべきことだ。原発事故の復旧など全くのウソであり、デブリ(核燃料)の取り出しが不可能であるだけでなく、絶えず再臨界の脅威があること。デブリ取り出しという世界初の試みは、何が起きるか誰も分からないという賭けであることなどが明らかにされた。

それだけでなく、福島の住民の健康被害が徹底的に隠され、被害を訴えることが戦争の時の「非国民」キャンペーンのように「復興の敵」として攻撃されること。県外避難者が「原発事故の放射能による健康被害」を口にすると受診を拒否されるなどというすさまじい現状が明らかにされた。

こうした状況で分かっているだけで191人の子どもたちの甲状腺ガン発症が明らかになっている。いわき市で33人、福島市22人、郡山市43人の発症が公表されている。人口が多いところは甲状腺がんが多発している。福島県とその周辺に人が住めばガンになるのだ。福島県民は年間20ミリシーベルト被曝してもいいとすることは全くのデタラメであり命の軽視だ。
 
常磐線を富岡延伸から全面開通をすることについて、自分の命の問題として真剣に考える時が来ている。これに反対しない労働組合は偽物だ。

この国の政府や大企業経営者は、自分たちの利権は死守しても国民の命を守るつもりなどない。それが戦争だけでなく「3・11」で学んだ教訓だ。
職場のリーダーを奪う 不当配転を許さない!
JR東日本は、勝田車両センターで働く辻川慎一・動労水戸副委員長に対し、エルダー再雇用の条件に「水戸事業所」を提示した。同期の組合員には水戸の方が通勤距離が近い組合員もいるのに、辻川副委員長一人を勝田車セから外す。会社は「たった1駅だから不利益はない」「拒否すれば再雇用しない」と言うのだ。

辻川副委員長は国鉄の運転士を外され25年間売店などに隔離された後、8年前に勝田車セで鉄道業務に戻った。そして外注化攻撃と激突し組合員を増やし、原発事故以降、汚染車両K544検査・運用阻止を闘う中で「被曝労働拒否」の路線を打ち立てた中心人物だ。

常磐線富岡延伸の後は、いよいよ全面開通。代行輸送として走っているバスに乗れば、原発付近で添乗員から「絶対に窓を開けないで下さい」と指示される。沿線の線量計は毎時20マイクロシーベルトを越えている。全面開通したら夜ノ森、大野、双葉の各駅に停車するという。乗務員も、乗客も、車両も全て被曝する。

その車両を検査・清掃する場所こそが勝田車セだ。車両故障や事故、地震・津波、あるいは再臨界に対する避難対策もない会社は、まず労働者に犠牲を強いる。そして全面外注化すれば、JR本体には一切の責任はなくなる。「職場で闘うリーダーを決戦の地から排除する」それが辻川副委員長を勝田車セから外す理由なのだ。だから動労水戸は絶対に認めない。

全ての皆さんの怒りと支援を集中して欲しい。負けられない決戦、絶対に勝利しよう。

動労水戸情報619号

ダウンロード




外注化・非正規職化の解雇自由と闘おう

「俺たちは将棋の駒じゃない」


隔離と団結破壊を会社は繰り返すのか

みんなは、ギャンブルやゲームの必勝法を知っているだろうか?
それは、ルールそのものを力づくで変えてしまうことだ。
今から30年前、給料は安いけど我慢して働けば老後は安心だと言われていた国鉄労働者。いつの間にか、国の政策の失敗の赤字を背負わされ、犯罪者のように職場を追われた。

仕事と将来を奪われた200人もの仲間が自殺した。一番ひどかったのは、自分たちだけ生き残ろうとする労働組合幹部の姿だった。信じていた仲間の裏切りが一番苦しかった。だから「仲間を裏切らない!」を合言葉に、40人の青年が動労水戸をつくった。1986年11月のことだ。その初代委員長が辻川慎一現副委員長だ。
会社も、会社側に立った労組幹部も、たった40人の労働組合を憎み、怖れた。87年4月、JR発足の日に辻川委員長は水戸からいわき駅に強制配転された。いわき駅に仕事はなく、ゴキブリだらけの部屋に隔離された。そして他の組合員も鉄道の仕事から引き離し、バラバラにした。
会社は辻川委員長や動労水戸組合員を鉄道の仕事から排除し、植木屋や売店に置くことを「ルールに沿ってやっている。適材適所だ」と言い続けた。そのあまりの酷さのため、組合つぶしの不当労働行為として会社は最高裁まで負け続けた。それでも彼に対する隔離は09年4月まで22年間(国鉄時代から25年)続き、勝田車両センターに配属された時には52歳だった。
以来8年が過ぎ、辻川副委員長は定年を迎えている。会社はまたしても彼だけを組合員から引き離すために、エルダー社員再雇用の条件としてMTS水戸事業所を提示した。彼は今、水戸事業所出向提示の変更を求めたまま9月30日の定年を迎えようとしている。
ルールを変える会社 それを容認する東労組
「エルダー社員はJR社員の約半額の賃金だが、福利厚生で他の関連企業労働者より優遇されている。だから会社が提示した条件を飲まないならエルダーを諦めるしかない」…これが他の労働組合の方針だ。
ところで、日本の非正規雇用労働者1500万人のうち450万人のクビが、来年3月までに切られるのを知っているだろうか?東大では、8000人のうち7500人が切られる。JRでもエルダー社員を受け入れるために清掃労働者のクビ切りが発生している。みんな俺たちのきょうだい・子どもだ。

「非正規雇用労働者よりはましだ」と言われ、「1駅の異動だからあと5年間だけは黙って働け。22年間も鉄道の仕事と仲間から隔離したのも会社のルールだ」などと言われる筋合いはない。JRの労働者と労働組合を黙らせることで、非正規雇用450万人のクビ切りが進められる。動労水戸は、被曝もクビ切りも絶対に認めない。
 
そもそも外注化も転籍も、俺たちがJRに入る時のルールだったのだろうか?ルールを勝手に変えたのは会社だ。それを認めてきたのは多数組合の東労組だ。動労水戸は、違法で勝手なルール変更を断じて認めない。
再びの隔離を許さない 徹底的に闘う!
以下は、8月21日午後に行われた水戸支社人事課と辻川副委員長との2度目の面談だ。
みんなはどう考えるだろう。

会社…支社人事課横田副課長・他1名。中崎所長・副所長
(会社)水戸事業所にも辻川さん以外の組合員はいるし、他のエルダー社員も十数名いる。決して隔離ではない。
(辻川)水戸事業所の組合員は検修で清掃と別。25年前に「適材適所」と言って仕事のないいわき駅に一人追いやった。裁判に負けそうになって東海駅そば屋。それも不当労働行為との判決が出て、勝田駅売店。30年前と同じことをやろうとしてるだろう。
(会社)辻川さんが勝田または水戸と言ったので水戸にした。
(辻川)勝田と水戸は希望地として一括り。水戸の方が近い組合員がいる。なぜ私一人なのか?聞いても答えられないだろう。
(会社)それぞれプライベートな状況があり言えない。
(辻川)その組合員も「おかしい」と言っているんだ。
(会社)辻川さんが水戸か勝田と言われたのが残っていた。
(辻川)最高裁判決で「水戸・勝田以外は不当労働行為」だと認定された。つまり不当労働行為の意思が認定されていることが重要なんだ。私を一人で隔離することが、まず不当労働行為の原点なんだよ。

(会社)もう退職まで間がなくなった。一旦契約してもらってから希望に添える様にしたいので、何とかお願いします。
(辻川)あなたたちも子どもがいるよね。「お父さんJRで何やってるの?」って聞かれて「恥ずかしくて言えない」って言われた親の気持ちがわかるのか?私は分割民営化の渦中で生まれた子どもに自殺されている。今さらおかしなことに従う気はない。
(会社)辻川さんの過去のお話はお聞きしました。ただこれからエルダー社員として経験とノウハウを生かして頂きたい。なんとか一旦契約して頂きたい。
(辻川)「過去の話」と言うなら30年前に戻せるのか?子供が生まれる前に戻してくれ。おかしなことは認めない。引く気はない。再雇用しないならそう言いなさい。本社にも支社にも私の言葉をそのまま言ってくれ。ただし「死ぬまで闘うからな」とつけ加えて。
(会社)辻川さんの立場もあると思いますが、なんとか提示した内容でお願いしたい。
(辻川)立場?あなたたちは立場でものを言ってるから、私のことが分からないんだ。私は人生をかけて会社の仕打ちを絶対許さないと言っている。再雇用しないと言うのはクビと同じ。クビを切るなら切ってみろと言ってるんだ。
(会社)「勝田→水戸」で世間的には不利益はないはず。会社にはルールがあるし、変更する正当性がない。一旦水戸で契約して、希望に添えるようにしたい。
(辻川)不利益は無い?会社のルールで私は25年間隔離されたんだ。私は仕事の内容について幹部の皆さんのようにゴネてるんじゃない。不利益がないのに、なぜ辻川だけ水戸なのか?水戸でそんなに必要とされているなら、一旦勝田を提示して水戸に行ってもいい。まず勝田を提示したらすぐに判をつく。
(会社)他の社員も、土浦を提示されたりしています。
(辻川)それは希望があったからでしょう。25年間も鉄道から排除されていた社員はいるの?
(会社)いません。
(辻川)売店から車両センターに来たのが52歳。全然やったことのない仕事を覚えるのがどれだけ大変なことか分かるのか?当時の人事課に「どうせ戻すならもっと早くしろよ!」と言ったら「お願いします。お願いします」と。8年経ってようやく戦力になり始めたら、「一人で水戸で掃除をやれ」と。いわきから勝田に通って清掃をやっている運転士もいる。仕事でゴネてるわけじゃない。でもね、労働者は将棋の駒じゃないんだ。
(会社)勝田が希望ということはMTSに伝えますので、何とか前進させてくれませんか。
(辻川)職種も勤務地もゴネていない。なぜ30年前と同じことをするんだ。辻川を一人で隔離するんだ。それが不当労働行為だって言ってるんだ。勝田を提示すればすぐに判をつく。
(会社)何とかお願いしたい。
(辻川)勝田を提示しない限り判はつかない。どだい、なぜ出向しないとエルダー再雇用ができないのか?直接雇用もしているじゃないか。幹部はよくて、一般社員は出向しないと再雇用しないなどという制度がおかしい。条件が折り合わなければ、直接雇用すれば良いだけだろう。私の言っていることを支社にも本社にもそのまま伝えてくれ。「クビを切るなら切ってみろ!とことん争うからな」と言っていると。なめるなってことだ。
(会社)期限が迫っているので9月中旬までに合意をお願いします。
(辻川)勝田を提示しなければ合意する気はない。

8月27日 ふくしま共同診療所報告会

ダウンロード




「命と健康を守ろう」は、全世界共通・共同のスローガンです

福島第一原発事故から6年半になりました。JR常磐線の開通に合わせて避難区域の安全が宣言され、帰還することが「福島の復興」であるかのように宣伝されています。
 

しかし、子どもたちの甲状腺がんをはじめとする放射能による健康被害が深刻化し、福島第一原発の現状は収束のめどすら立っていません。「復興」の言葉が、事実を覆い隠し、現実から目を背けさせるために使われています。安倍政権は、共謀罪で国民の声を封じ、「森友・加計」問題のように私利私欲に走っています。さらに憲法改悪で国民を戦争に動員しようとしています。これに対して、先の都議会議員選挙では厳しい批判が突きつけられています。
「復興」の矛盾は既にあらゆるところで噴出しています。帰還困難区域を除く地域の避難指示が今年の3月31日・4月1日に一斉に解除となりました。しかし、どの自治体でも被曝の脅威は去っていません。加えて地域社会が崩壊していることから、帰還する人はわずかです。

「避難は自己責任(今村前復興相)」なのでしょうか。故郷が元に戻らないのは、避難を続ける人がいるからなのでしょうか。命と生活について真剣に考えることは当然のことです。何よりもその悩みと葛藤を共有することが大切ではないでしょうか。
私たちはいわき市で4回目となる「ふくしま共同診療所報告会」を8月27日に開催します。ふくしま共同診療所は、原発事故と放射能汚染の現実に対して、命と健康を守る医療のあるべき立場を貫いてきました。そして、原発事故と甲状腺がんとの因果関係を否定する福島県立医大の姿勢を批判してきました。県内は元より全国に「被曝と帰還の強制反対署名」を呼びかけ、県に対する申し入れを重ねています。
名ばかりの「復興」の最たるものこそ、常磐線の再開です。JR東日本は常磐線の不通区間を2020年までに再開することを宣言し、今年10月21日には竜田~富岡駅間の運行再開を強行しようとしています。私たちは、まともな避難計画もないままに高線量地帯を走らせ、労働者・乗客への被曝を強いる鉄道の運行再開に絶対反対しています。
ふくしま共同診療所の協力により、JRの労働組合である動労水戸の呼びかけで地域住民や労働者の命と健康を守る講演会を開催します。皆様のご参加をお待ちしております。 



【第4回ふくしま共同診療所報告会・いわき】

8月27日(日)14時~16時

いわき市・ラトブ6階 産業創造館 企画展示ホール
(入場無料)

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 3 4 5 6 7
8 9 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フリーエリア

最新CM

プロフィール

HN:
動労水戸
性別:
非公開
自己紹介:
【国鉄水戸動力車労働組合】
1986年結成。JR東日本・JR貨物とその関連会社の労働者で組織する労働組合です。
全国・全世界の労働者とともに、外注化阻止・被曝労働絶対反対で2017年も闘います!

【本部事務所】
310-0011
茨城県水戸市三の丸3-1-3

【平支部事務所】
973-8411
福島県いわき市小島町3-3-1 佐藤ビル1階

バーコード

ブログ内検索

P R