仕事の大変さと労働組合

みなさんお疲れ様です。

春分の日の今日はお彼岸でもありますね。故人を偲びながら、今日も無事でお過ごしください。

JR東日本のダイヤ改正から間もなく1週間。拘束時間と乗務時間の過酷さが、疲労として蓄積して行くのこれからだと思います。

動労水戸組合員は、20代から50才近くまで関連事業に排除され、鉄道本来の仕事に戻りました。なので、仕事が変わることの大変さが身に沁みています。

どんな仕事でも簡単ではありません。いい加減に考えないからこそ分かることです。

だからこそ、オフも大切にします。労働組合の集りも、仲間と心から交流し、信頼を深め合えないならば意味の無いことです。


(国分勝之撮影…ちょっと非日常のオフタイム)

「少子高齢化」や「国際経済対立」による環境の激変の中で「天皇代替わり」や「東京オリンピック」が政府によってキャンペーンされる一方、常磐線全面開通が強行されようとしています。

こうしたことを前に、昨年からJR東日本の労働組合を一掃するためにJR東労組解体が激しく進められて来ました。東労組に残る青年たちも頑張っていますが、動労水戸も無縁ではありません。

この時代に通用する労働組合の根本的意義が問われているのだと思います。

特に2000年代に入り、非正規雇用労働者が激増して来た中で、正規雇用労働者の雇用と賃金を守るだけの労働組合が時代遅れになり、労働者に振り向かれ無くなった事実を真剣に考える必要があると考えます。

日本では、韓国の様に「複数労組禁止条項」が無い分、少数でも労働組合を作ることができます。しかし、職場労働者全体の審判を経なくても、自分たちの正しさだけを主張して済んでしまうこともしっかり見据えるべきだと思います。

労働組合は、少数に甘んじることなく職場労働者全体の利益のために行動し、闘うということで目的を達成することができます。

その意味では、東労組の過半数割れで職場代表選挙が行われる様になったことは重要だと思います。動労水戸が職場でまだまだ支持を得ていない現実も明らかになりました。自分たちの主張や行動について職場労働者の全体から支持される様に、一層奮闘努力したいと思います。


(「ふきのとう」国分勝之撮影)

ともあれ動労水戸が、どんなに孤立しても仲間を守り、国鉄分割民営化絶対反対で、効率化・外注化にも、被曝強制とも不屈に闘って来た労働組合であることは事実です。

ここで動労水戸が引いてしまったら、本当の絶望になる様に思います。しかし、少数組合のままでは、その要求を実現できないことも事実です。

要求を実現するためには、職場全体の具体的力の結集が必要です。みなさんの支持を集められないとすれば、要求を実現し、問題を解決することができないのです。ただの反対では、責任ある呼びかけにはなりません。

労働組合が労働者に必要な組織であるのに、労働者が離反してきました。この矛盾と課題を見据え、職場の具体的問題や労働者の日常をめぐる闘いの中で格闘し、それこそみんなの力で解決を図って行きたいと思います。

卒業式と労働組合

みなさんおはようございます。東京ではいよいよ桜の開花予想。

子供たちは、卒業式・入学式シーズンを迎えています。

卒業式・入学式って本当は子供たちと一緒に生きて頑張ってきたことを喜び合う場のはずですね。

つまりあくまで主人公は、子供たちのはずです。でも、先生方や来賓が日の丸に頭を下げて延々と挨拶する。全然楽しくないのが日本の卒業式や入学式ではありませんか?

学校は子供たちのためにある。先生は、子供たちを守りながら、人として一緒に成長して行く。そこに教育労働者としての喜びがあるのではないでしょうか。

卒業式・入学式シーズンを前に「国のための教育」でなく「子供たちのための教育」を守り、日の丸・君が代強制に反対して闘い抜いて来た根津公子先生への処分を正当とする判決が出されました。

https://m.youtube.com/watch?feature=youtu.be&v=bzJTOUy0I_s

東京都教育委員会は、根津先生に対して「卒業式は、子供たちのためでなく都のためにやる。」とまで言っています。子供たちを都や国に差し出すなんて、誰が認めたのでしょうか?


(国分勝之撮影)

かつて戦争の時代には、子供たちが国のために命を捧げることが国民の義務にされました。

ところでこの国って誰のものなんでしょうか?建前は「国民主権」になっていますが、本当にそう感じている人は、ほとんどいないと思います。

しかし、この国が資本主義のシステムを取っている国だと言うことは、誰も否定しないと思います。

人間の細胞の中で、回りの細胞と関係無く勝手に増殖する細胞をガン細胞と言いますが、資本と言うのは労働者が働くことで増殖します。人間から搾取し、吸いとることで生きるガン細胞です。

人間の細胞は死にますが、貨幣は市場に残り、資本は死にません。

人間が現実に生きることよりも、お金に価値がある。お金は永遠なんだと言う「命よりお金」という転倒は、資本主義社会の特徴なのです。


(国分勝之撮影)

資本主義の国では、国民のために国があるのではなく資本のために国がある。子供のために学校があるのではなく、資本(企業)のために学校がある。社員のために会社があるのではなく、資本を増殖する限りで社員であることができるのです。

少し考えるとはっきりするこの事実から、もう一度出発することが大切だと思います。

「労働組合は、労働者のためにある。」というのは、資本主義社会の全面的支配に対して、私たちは人間であるという根本からの問い直しです。そして、そこから現実を変える力なのです。

その根本原理は、資本主義的な見せかけの民主主義でなく、徹底的な民主主義にあります。

組合執行部の意見に賛成であろうが、反対だろうが一人ひとりの労働者が労働組合の主体だと言うことを据え切るのです。


むしろ反対意見の中に、真実と発展に向けた大切な内容を発見して行くことの重要さ。狭い自己正当化では、人びとの支持を得ることなど決してできないことを学ぶこと。労働組合は、学校でもあります。

労働組合の民主主義を通して、資本主義社会への根本的批判を貫き、生き生きと生きる場を生み出すことができるのだと思います。韓国民主労総が、現実に示していることです。

動労水戸も、JRだけでなく大変な苦労を重ねながら地域労働組合作りにもチャレンジして来ました。同じ結論が、ここにあります。

労働者への狭いしばりを越える労働組合の役割

みなさんおはようございます。卒業式シーズンの今日明日と、暖かくなる様ですね。

色んなことがあり、悩んだり、嬉しかったりしながら卒業し、次に進んでいく。お互いに回りの人の力を借りながら、色んな人の存在を支えに次のステージに進んでいくのですね。

自分がこれからどう生きて行くのかを問いながら、終生を生きるのが人間の様です。


(国分勝之撮影)

さて全ての人に心があり、お互いに支え合いながらたった一度の人生を生きているはずですが、資本主義では労働力が全ての価値(利潤)の源泉です。ですから、優秀な経営者の本質は、冷徹な計算で人や物を見ることができる人になります。

かつての戦争で、理想や正義のためとして残虐な大量殺人をしながら、家庭では良き親であったという矛盾が、ここから生まれます。

この資本の論理から解放されるために、実は人としての直接的関係を大切にすること。さらに、会社や組織の外側の人にも関係を求めて行くことが大切になります。自分を狭い縛りに置かない、ということです。

労働組合には、職場の人間関係を徹底的に大切にしながら、その関係を外側に広げて行くことで資本の縛りから労働者を解放して行く役割があるのだと思います。


(国分勝之撮影)

3月16日ダイヤ改正以降の職場(大子運輸科)からの声を紹介します。

お疲れ様です。

棚倉泊まりの明けでした。
今朝の棚倉から828で大子を10分で折り返し、325で郡山へ、郡山から324便乗でした。

今日は最後が8326ではなく、便乗324ったので、まだ良かったですが、長かったです。325で磐城石川ぐらいまでは勢い(?)で行けましたが、そこから郡山までが長く感じました。

今日は初めてだからかもしれませんが、郡山に着いて疲れました。これで、8326がある時は無事に運転できるかどうか正直不安になりました。

大子の折り返しは10分ありましたので、一応トイレには行けました。

今回の行路の中身もそうですが、最近の事象や事故に対する会社の対応は、全く他人事で現場に責任転嫁して「現場を指導します」みたいな事しか言いません。

事象や事故をどうしたら防げるのかを考えるという安全について大事な本質が会社に欠けている。会社の態度は効率、利益重視、安全は二の次というのを強く感じています。

…………………………………………


労働者一人ひとりの生の感覚。一人ひとりとの直接的関係を土台にして外の世界に広げ、労働組合を根本から作り直しませんか。

生きている時に尽くせ。

いよいよ梅の時期から、桜の時期を迎えて来ましたね。

「生きている時に尽くせ」って、ワンマンで頑固に生きて来た男が、命の瀬戸際に立って大切な人の存在を再発見し「俺について来い」と言う家訓を止めたという韓国映画「偕老」の中の印象的言葉です。

2011年3・11で、大切な人を亡くした人たちもみな、「生きている時に尽くしたかった」と思ったのではないでしょうか?

同じことをするにも、一旦立ち止まり、呼吸を整えて丁寧に当たると違う世界が見えて来ます。それは、人に対してもそうだと思います。今を、回りの大切な人と生きることに尽くせ。なかなか出来ないのですが、一呼吸おいて考えませんか?

あまりにも軽く、あまりにも安易な社会が、人を殺すだけでなく自分自身の命の輝きを日々奪っている様に思うからです。


(国分勝之撮影)

ダイヤ改正を前に、事故が多発していることをお知らせして来ました。

3月13日には、勝田車両センターで特急車両の汚物抜きという作業でホースを外すのを失念したまま入れ換え作業に入ってしまう事故も発生しています。

実は、車両運用の効率を上げるために検査の時間も十分に取れていないくらい、ギリギリの時間設定になっています。

汚物抜きは、外注会社のMTSの労働者が担当しています。10両編成の1、3、5、7、9号車のトイレタンクにホースを付けて汚物を抜き、作業が済んだら外して行きます。

それを短時間に一人でやるという大変な作業です。夏場も蒸せかえる中での作業。みんなが嫌がる作業なのに、涼むことさえ許されません。しかも低賃金です。

汚物抜きのホース切断事故は幾たびか起きています。あわてて近づいたりすれば、それこそ死傷事故になります。

当該労働者が無事であったことに胸を撫で下ろすと共に、根本問題が効率優先にあることを見逃してはならないと思います。

安易な効率化は、人を殺します。そして、それを放置する人の人間性を奪うのです。


(昨日は、いわきユニオン執行委員会でした。)

いわきユニオンの執行委員会&交流会では、いわきの建築バブルが過ぎて、落ち込みが激しいことが報告されました。

実際に、生活が出来なくなって、双葉の放射性廃棄物処分場関係の仕事に就いている労働者が来てくれました。「空間線量0.23msv。危険手当てが13000円だ。」とのこと。

結局、原発と事故処理に生活の糧を見つけて行くことしかなくなる構造が見えました。

別の労働者からの労働相談も受けています。今だ少数ながら、労働者住民の拠りどころとしていわき事務所を維持していきたいと考えています。

みなさんのご支援を宜しくお願いします。


(国分勝之デザイン。いわき事務所支援バンダナ発売中です。)

一枚1000円です。

注文は

TEL0292276020
iwaki_labor_union@yahoo.co.jp

までお願いします。

また、いわき合同ユニオン支援共闘(月額500円)にご加入頂いた方には、送料無料でお送りします。

郵便振替口座001900-1-486467
いわき合同ユニオン支援共闘

にお願いします。


賃金引き上げ?

ダイヤ改正前日のアンビリーバブルな出来事。

水郡線には常陸太田線という支線があります。15日、常陸太田駅15時14分発の列車が、運転士の勘違いで14時14分に発車した事件がありました。

何とも信じられないことですが、JR水戸支社のコメントは、「再発防止に向けて、全乗務員への指導を強化する」とやはり運転士に責任転嫁。

どうしてこんなことが起こるのでしょうか?まず、常陸太田駅には、信号機がありません。さらに、ワンマン運転のために、発車を知らせる車掌もいません。発車を管理するはずの駅の責任者も外注化でいません。

ということは、全て運転士任せ。1時間前に発車してしまうということは、むしろ真面目な人だから起きてしまうのです。

責任は誰にあるか、歴然としていませんか?ダイヤ改正で、これから何が起きて行くかを暗示しています。


(国分勝之さん撮影の水郡線)

さて15日JR東日本は、新年度の賃金引き上げを発表しました。

定期昇給をのぞけば、月額700円~1200円のベースアップ。非正規雇用で賃金引き上げにも無縁な労働者が多数いますが、労働者を絞り上げて役員と役員報酬を増やし続けている大企業が偉そうに発表するほどの内容ではありません。

これに対して、会社による労働組合解体攻撃に負けずに奮闘努力しているJR東労組は「ベースアップが均等でない。格差を拡大させていることが問題だ」としています。


(JR東労組勝田運輸区分会の掲示)

確かに格差は無い方が良いと思います。しかし問題は、ベースアップの「定期昇給の6分の1」の算定基準である基本給ランキングの決め方が公平なのか?というところに行き着かないでしょうか?

これまでJR東労組にいれば、昇職・昇格試験の合格が基本的に保証されて来ました。しかし、これからは違います。転勤を含め脱退しなければ、不利に扱われます。

それは、動労水戸組合員が散々やられて来たことですし、会社は最高裁で負けても不当労働行為をやめません。

ですから、本当に仲間との団結を大切にして闘うならば、JR東日本の昇職・昇格試験制度そのものの合格基準の公平さと公明さを求めなければならないと考えます。

すでにJR東労組を脱退しない組合員への差別的配置転換が始まっていますね。それと一体で昇職・昇格試験での不利益扱いが行われて行きます。

試験の合格を左右するのは、勤務評価です。勤務評価するのは、助役であり現場長です。格差による分断の根本がそこにあることを見据えませんか。

ダイヤ改正で労働時間が極限まで伸ばされました。700円~1200円の「賃上げ」は嘘です。労働組合として実質賃金が下げられていることに怒るべきだと考えます。

カレンダー

02 2019/03 04
S M T W T F S
22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

フリーエリア

最新CM

プロフィール

HN:
動労水戸
性別:
非公開
職業:
鉄道労働者
自己紹介:
【国鉄水戸動力車労働組合】
1986年結成。JR東日本・JR貨物とその関連会社の労働者で組織する労働組合です。
全国・全世界の労働者とともに、外注化阻止・被曝労働絶対反対で2019年も闘います!

ブログのご意見・ご感想は↓↓
doromito30th☆yahoo.co.jp
(☆⇒@)

【本部事務所】
310-0011
茨城県水戸市三の丸3-1-3
電話番号:029-227-6020
FAX:029-227-6291

【平支部事務所】
973-8411
福島県いわき市小島町3-3-1 佐藤ビル1階

バーコード

ブログ内検索

P R