自分たちだけの「平和」なんてウソでしょう

みなさん、今日もお疲れ様です。

昨日から「新元号」決定で大騒ぎですね。

「昭和」生まれの人は、年の勘定が面倒だと西暦で数えたり、実際には企業もコンピューターの設定問題が大変で西暦で統一しているところが多い様です。

安倍首相が最終決定したということで「俺の命令を聞くのが平和だ」という意味ではないか?と成る程と感心する意見もありました。

中学生が「戦争が近づいている感じがする」とも。

自分だけの、あるいは自分たちだけの「平和」に閉じこもる時に戦争が近づくのだと、確かに歴史は教えています。


(国分勝之撮影)

例えば、検修・構内の外注化に対して頑強に反対した勝田車両センターの青年たち。普段はとても面白い。

現在サッカーJ2の水戸ホーリーホックが、失礼ながら「奇跡」の第2位につけていますが、ろくに観客もいない時代からひたむきにサポーターをやって来た青年がいます。

職場の仲間も別にサッカー好きという訳ではないのですが、その青年に誘われると付き合います。強いとか、人気があるとかではなく「仲間との共有」を楽しんでいる感じがします。



また、プロ野球のヤクルトが好きな青年がいます。ここ何年も下位だと思いますが、どんな時も明るく楽しく、凄さを語ります。語りと結果のギャップが凄いのですが、話を聞いていると楽しいのです。

たかがサッカーだったり野球だとも言えますが、利害だとか理屈だとか地位などではなく、厳しいことや悲惨なことを共有すること自体が生み出す共同性の面白さを感じます。

それは他方で、立派で偉そうなことを言って目先の利害しか考えていない組織や人が、もはや青年たちに通用しないことを示している様に感じます。

人は人として関り会いたいからこそ、緊張したり孤独になったります。だから、信頼できたり、共同の体験をすることに深い喜びを見いだします。


(国分勝之撮影)


この国も、JR東日本も、今や限度を超えて国民や労働者を締め上げ、絞り上げようとしています。誰も安泰でも平和でも無い状況に急速に追い込まれています。

安倍首相の命令での平和なんかありません。私たちは、厳しい時代だからこそそれを共有し、一緒に立ち向かうことで人としての深い喜びを得るのだと思います。

そして、それは誰かがやってくれるのを待つのでなく、まず現状を変えるという自分の意思があり、労働組合こそが労働者の武器であるという自覚に立つことだと思います。実際にJR東日本も、青年たちの頑強な抵抗に手を焼いています。

時代は、労働者の存在が世の中を動かし、その行動こそが歴史をつくるのだという自覚を持った青年のリーダーを求めている様に思います。

常磐線湯本駅で考えたこと。

みなさんお疲れ様です。

昨日でJR北海道の石勝線夕張支線が廃止になりました。

夕張は、かつて夕張炭鉱で栄えた町です。1981年10月には、北炭夕張事故という大事故で59人の労働者が命を落としています。国鉄分割民営化の6年前です。

日本経済発展の原動力として、炭鉱労働者と国鉄の労働者は危険な仕事を誇り高く担っていました。

その分、結束が強く労働組合もとても強力でした。労働組合が強く、労働者の権利が強調されると企業の利潤は低下します。だから、生産性向上=企業利益をあげるためには、労働組合を会社寄りにするか解体が図られるのです。

今も石炭は火力発電などに欠かせませんが、1960年代からもはや石炭の時代ではない「石炭から石油へ」と言われて、労働組合潰しが行われました。

労働組合も折れてしまった結果、安全の経費が削られ、労働者の命が軽く扱われる様になったのです。

炭坑では、悲惨な事故が相次ぎました。


(夕張炭坑事故で運び出された労働者の遺体)

そして北海道は、炭鉱の衰退に加え国鉄の分割民営化で決定的に衰退しています。

夕張支線の廃止を惜しむだけでなく、労働者の生死と労働組合の歴史があることも考えたいと思います。

実は常磐線も常磐炭鉱から、首都圏に石炭を運ぶ線路として発展した歴史があります。


(国分勝之撮影)

その歴史にも思いを馳せながら、昨日は常磐線湯本駅正面の御幸山公園でいわきユニオンのお花見に。



先ずは、駅前の足湯に。結構熱くて、足が真っ赤になりました。



残念ながら桜はこれから…


されど今を生きる人たちの酒席は盛り上る。


「震災から8年、この公園でも野宿した。良く生きて来た。」と語る組合員。ユニオンの新組合の紹介。労働相談の話など、これからのことで盛り上りました。

公園からは常磐線E501も見えました。

湯本駅周辺もかつては栄えていましたが、寂れている感があります。それでも踏ん張って生きている感も見えます。

人間は、生体を維持するだけでなく、自分が生きている意味を食べながら生きていると言われます。

運転士でも、車掌でも、検修でも…どんな仕事をしていてもその意味と意義を考え、感じながら生きています。

JRは、「少子高齢化対策」の「効率化のために」という理由で、仕事の意味を根本から破壊しています。

仕事の意味を破壊するということは、生きることの意味そのものの破壊なのです。

会社が労働者の存在の意味を破壊していることに対して、労働組合は一人ひとりの仕事の意味と存在そのもののかけ換えのなさに踏まえる。生きる意味を奪還して行くことに、労働組合の真の役割りと闘いがあるのではないでしょうか。

青年たちの意思と反乱を大切に。

みなさんおはようございます。

昨日のニュースでは、防衛大の卒業生の1割49人が自衛官としての任官を拒否する異例の事態になっていると報道されました。

自衛隊の幹部を養成するために国から補助金をもらうことから、任官を拒否する人にはかなりのプレッシャーがかけられる様です。

それでも自衛官にはならないという、青年たちから強い意思を突きつけられていると思います。背後には、安倍首相への不信と反感もあると言われています。

(水戸運輸区のDE10)

真面目に育てられて来た青年たちが、自分たちの将来について自分たちの意思と判断で行動しはじめている。それは、新しい時代の特徴なのではないでしょうか?

JR東日本の「ジョブローテーションの実施について」に対して、各職場で動揺が広がっています。その中で、労働組合の存在意義が問い直されたり、出産の考え直しや転職についても考え出している人もいます。

しかし、動揺の広がりは怒りと疑問の広がりと共にあります。


(怒りに溢れたJR東労組水戸地本青年部の情報)

こうした状況は、私たちに分割民営化の時を思い出させます。

労働組合の屈服が労働者の人生を破壊しました。職場の仲間と共に生きるつもりだったのが、メチャクチャにされました。こんなことを2度と起こしてはならないと思って闘って来ました。

私たちは、分割民営化の時に、労働組合なら闘うものだと思っていました。しかし、動労も国労もそうならなかった。それと同じようなことを東労組に残った人も、社友会に入った人も感じています。

JR東労組本部反対派三地本も、この青年たちを失望落胆させてしまうのかどうかが、ギリギリに問われいます。

この嵐の様な状況の中で、労働組合が今何をするのかが根本から問われ、労働者の連帯と統一が意識されはじめています。

動労水戸は青年たちを裏切りません。だからこそ、簡単に考えません。青年たちがどうしたら立ち上がれるかを、一緒になって考えることが私たちに求められていると思っています。

そうした取り組みの中でこそ、動労水戸の常磐線全線開通反対や組合差別裁判で積み重ねて来たことがこれから活きてくると感じています。

青年労働者が立ち上がる時に、時代は変わる。それは、動労水戸の歴史と組合員の人生をかけた闘いです。

「辞めようか」と悩むのではなく「感覚は言葉に。疑問は解明する。」

みなさんおはようございます。

東京の桜が満開ですが、残念ながら寒い花曇りですね。明日は、いわきユニオンの花見が湯本で開催されます。

さて昨日はJR東日本が一方的に発表した「変革2027を踏まえた新たなジョブローテーションの実施について」の報告をしました。

無意味だと抗議しても、それに答えることもできずに、強行し続けてきた「ライフサイクル制度」を廃止。運転士も車掌の区別も無くす。駅の外注化が進み、既に車掌→運転士のコースも破綻していましたが、今度は車掌と運転士の外注化に進むということです。

強力な抵抗で一旦止まっていた検修部門の外注化も、一気に進められることになります。

JR本体はフィナンシャル化して、資本増殖(金儲け)に専念する。実業は、グループ企業に担わせる。利益の源泉は労働力ですから、そこで働く労働者は総非正規雇用にするのが一番です。

職場の青年たちからは「定期昇給もあやしいでしょうか。他の仕事を探したほうがいいでしょうか?」と相談が来たり、外注化やワンマン化で起きた事故の責任を問われて、実際に会社を辞めようかと悩んでいる人もいます。

気持ちはとても良く分かります。しかし、まず大切なことは、自分の感じていることを言葉にすること。そして悩むことより、どうしてなのかを論理的に解明することです。

そして同じ思いの仲間がいることを忘れてはなりません。自分が感じて、発する言葉が仲間との共鳴を生みます。自分が論理的に解明することは、仲間の助けにもなります。



カラオケを歌いながらも動労水戸の仲間は、組合のことを熱く語ります。

齋藤和義の「ずっと好きだったんだぜ」を気持ち良く聞かせる組合員が「ボヘミアンラプソデーを見に行って良かった!」と語りました。

それから以前見た「沈まぬ太陽」「JALの労働組合潰しの話だけど、動労水戸の歴史と同じだと感じた。」と話しました。

労働組合潰しの最中に起きたのが、1985年のJAL123便の墜落事故でした。

1986年にはチェルノブイリ原発事故があり、1987年4月が国鉄解体・JR体制発足です。



動労水戸は、その半年前1986年11月結成です。歴史と私たちの存在は、別ではありません。国鉄からJRへ移行して32年、動労水戸を潰すことはついにできませんでした。

青年から相談を受けた木村書記長は「JRを突破口に労働者の反乱が、全国に引き起こされます。現場の抵抗を統一していけば必ず引っくり返せます。一緒に頑張ろう」と返しました。

実際に嵐の時代を仲間と共に勝ち抜いて来た、真実の経験を言葉にして返しています。


今職場では、この話題で持ちきりです。誰より動労水戸組合員が、激しく怒っています。みなさんは一人ではありませんし、誰かと代われる人でもありません。

あきらめて、辞めてしまうのではなく真実の世界に一緒に生き抜き、ダメなものはダメだとハッキリさせましょう!

JR東日本「2027に基づくジョブローテーションの実施」を通告

昨年からJR東労組解体に踏み切ったJR東日本は、「平成」の終わりと共に「平成採」の青年たちからの想定外の抵抗を受けています。

水戸支社では、勝田運輸区で東労組が過半数を維持し、勝田車両センターでも20名足らずになった東労組の青年が決選投票で職場代表に再任されました。

動労水戸の場合は、国鉄解体に反対して頑強に闘って来ましたが、言わば「昭和の青年の反乱」と言えます。

国鉄を知らない青年たちの反乱の意味との共通点は何なのでしょう?

国鉄からJRへの移行で、それまで曲がりなりにもあった社会を結びつける基軸性の投げ捨てが進みました。

それは鉄道の仕事を通した青年たちの帰属性や人としての存在意義の激しい解体として進みました。

そして今JRは、建前としての公共企業を完全に投げ捨てることを決断しました。かつて国鉄労働者としての誇りを国労、動労を解体することで叩き潰しましたが、今度は国鉄を知らないJR労働者としての誇りを無用なものとして完全に叩き潰そうとしています。

自分たちは一体何者で、どんな意味でこの社会にいるのか?それが揺らいでいることへの怒りであり、抵抗にあると思います。


絶えざる進歩が止まれば信用が崩壊し、倒れてしまう資本主義システムの特徴はいつも「自転車操業」なのです。

人々は、自分たちを統合する論理や感情があって存在意義を見いだします。だから、新たな統合の論理を生み出す余裕もなく、ただ会社に従えということへの職場の青年たちの根本からの反乱に見舞われているのではないでしょうか。


それと一体で、地域住民からの反感を生み出している。そこに新しい情勢があるのだと思います。

実際、山の手線新駅の名称をJR東日本が「高輪ゲートウェイ」と独断で決めたことにも、抗議が巻き起こっています。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190328-00916797-jspa-life

また昨日は、動労水戸ブログを見てくれている一般の方からこんな意見も頂きました。



職場で日々働いて命と安全を守る労働者も、地域住民も乗客もみんな大きな疑問を持ち始めています。

しかし傲慢なJR東日本は、続けて昨日「2027に基づくジョブローテーションの実施について」を社員用タブレットに配信しました。

運転士登用試験も無くし、駅-車掌-運転士のコースも無くす。賃金改訂も実施する。これを来年4月に実施すると通告したのです。車掌、運転士の職名も「乗務」で統一してしまいます。




東労組も報道していますが、JR東日本は、もはや会社への帰属性も、仕事への誇りも一切要らない。君たちは言われるままに働けと宣言しています。

マキュアベリという人は「どんな権力も大衆の支持なしには成立しない。」と言いました。

労働者大衆に支持されない、組織にも権力にも生命力はありません。

そして私たちは、一体何を信頼して生きるのか?それが根本から問われている。

JR労働者に突きつけられた挑戦を、みんなで受けて立ち、新たな統合と連帯を職場から打ち立てようではありませんか!

カレンダー

05 2019/06 07
S M T W T F S
8
21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

フリーエリア

最新CM

プロフィール

HN:
動労水戸
性別:
非公開
職業:
鉄道労働者
自己紹介:
【国鉄水戸動力車労働組合】
1986年結成。JR東日本・JR貨物とその関連会社の労働者で組織する労働組合です。
全国・全世界の労働者とともに、外注化阻止・被曝労働絶対反対で2019年も闘います!

ブログのご意見・ご感想は↓↓
doromito30th☆yahoo.co.jp
(☆⇒@)

【本部事務所】
310-0011
茨城県水戸市三の丸3-1-3
電話番号:029-227-6020
FAX:029-227-6291

【平支部事務所】
973-8411
福島県いわき市小島町3-3-1 佐藤ビル1階

バーコード

ブログ内検索

P R