ライフサイクルで配転させられている青年

年の瀬に入りました。至るところにイルミネーションが灯っていますね。

 

人が動く分忙しくなるのは、鉄道員も同じです。

今日は、組合員からJR東日本の「ライフサイクル制度」で水戸支社の運転士で、上野駅に配転させられている平成採の青年の話が届きました。

東京帰りで、上野駅を歩いていたところ、水戸支社から来ているの青年と目が会いました。

「しばらくだね、元気にしてる」なと挨拶を交わし、仕事の内容などを話しました。



彼は開口一番「ライフはくそですよ!」と言いました。

なぜか聞くと「駅の輸送主任が全然仕事が出来ない。乱れたときどうするのと聞いても指示が出来ない。」とボヤいていました。

駅にはライフサイクルで来た人が多く、仕事はほとんど出来ないと言っていました。そして、「ようやく帰れます。」と嬉しそうに言っていました。

「10月から運用改定があって、特急一人乗務、水郡線ワンマン拡大が強行され、ワンマンは8本拡大されたよ。」と話したら、「そんなに!」と驚いていました。

「車掌はどうなってしまったのですか?」と聞いてきたので、「平日はツーマン、休日はワンマンなので、特改行路で乗っている。来年3月からはおそらく全てワンマンになると思っている。」と話しました。

特急一人乗務は知っていました。私は会社は外注化に向けて外堀を埋めて来て、車掌まで来た。後は運転士だけだと話すと、彼は「そうですね、秋葉原駅も外注化ですから。」と言っていました。

私は「3月には乗務員勤務制度の導入がある。私は反対で闘う。頑張ろう!」と言って別れました。

こうした全ての青年のために労働組合を取り戻す時だと思います!

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

カレンダー

11 2018/12 01
S M T W T F S
12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

フリーエリア

最新CM

プロフィール

HN:
動労水戸
性別:
非公開
自己紹介:
【国鉄水戸動力車労働組合】
1986年結成。JR東日本・JR貨物とその関連会社の労働者で組織する労働組合です。
全国・全世界の労働者とともに、外注化阻止・被曝労働絶対反対で2018年も闘います!

【本部事務所】
310-0011
茨城県水戸市三の丸3-1-3

【平支部事務所】
973-8411
福島県いわき市小島町3-3-1 佐藤ビル1階

バーコード

ブログ内検索

P R