JR勝田運輸区前座り込み 2日目も貫徹!

好天気どころか、二日間強烈な日射し、日焼けした国分さんのリードで11時半から13時半まで2時間「特急車掌一人乗務化反対!水郡線ワンマン化反対!」のJR勝田運輸区前座り込みをやり抜きました。

(国分さんの緻密なアピール) (高野さんの怒りのこもったアピール)

昨日は、助役が前面に出て来て「敷地内にペットボトルを置くな。」とか、どうでも良いクレームをつけて来ましたが、今日は建物に引っ込んだままでした。みんながおかしいと思っているから、聞いていられない感じでしたからね。


(実際にLINEを通じて寄せられた、職場の青年たちの声です!)

勝田運輸区の目前にコンビニがあります。かなりの青年たちが飲み物やお昼を買いに出ましたが、みなさんニコニコして礼儀正しいのが印象的でした。女性も多く、国分さんや高野さんと明るくあいさつしていました。なかには話し込む人もいました。

 
(手前は水郡線運転士根本さん、その向こうが、アピール中のやはり水郡線運転士の木村書記長。高野さんは、利用者に説明しています。)

通りかかったJR利用者の人は「二人でやっていた車掌の仕事を一人にするのはひどい!」と話して行きました。

徐行して横断幕を読んで行くドライバーもかなりいました。
手間がかかりましたが、横断幕や立て看板の効果は絶大でした。


(勝田車両センター再雇用拒否から一年!辻川副委員長もアピール)

昨日、勝田運輸区前座り込みを貫徹する中、勝田車両センターでストライキ方針を話し合う職場集会がありました。

「車掌の問題だから検修は関係ないという意識が職場にあるけど、効率化・外注化は全ての青年の未来の問題だ。無関係じゃない!」

「28名削減されても、当面見かけ上変わらなくても次に誰が残るのかで仲間が分断され労働組合破壊に使われる。国鉄分割民営化の時と同じだ。」

「動労水戸が経験し、仲間と共に勝利してきた歴史を今こそ伝えて行こう!」

仲間を守り、仲間がいるから大変なことにも負けないで頑張れる。それが労働組合の原理です。

連日の行動になりますが、明日は早朝から常陸太田駅前街宣に立ちあがります。効率化・ワンマン化、職場統廃合で利便性の悪化を生み出し、水郡線廃止に向かうJR東日本に地域住民・利用者と共に抗議しましょう!




コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

カレンダー

11 2018/12 01
S M T W T F S
12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

フリーエリア

最新CM

プロフィール

HN:
動労水戸
性別:
非公開
自己紹介:
【国鉄水戸動力車労働組合】
1986年結成。JR東日本・JR貨物とその関連会社の労働者で組織する労働組合です。
全国・全世界の労働者とともに、外注化阻止・被曝労働絶対反対で2018年も闘います!

【本部事務所】
310-0011
茨城県水戸市三の丸3-1-3

【平支部事務所】
973-8411
福島県いわき市小島町3-3-1 佐藤ビル1階

バーコード

ブログ内検索

P R