9月22日「高線量地帯に列車を走らせるな・水戸集会&デモ」にご参加を

既報の通りですが、9月6日の動労水戸団体交渉での水戸支社の対応は、「常磐線全線開通ありき」で、乗務員、清掃・洗浄、検査・検修の労働者や乗客の皆さんの安全など考えていないものでした。許せません。

22日の水戸集会のことが、18日付け東京新聞朝刊(茨城版)に掲載されました。



常磐線全線開通問題は、大きな社会問題です。原子炉が爆発し、メルトダウンした原子力発電所の脇・高線量地帯に列車が走ることなど、世界にも類例がないことです。もっともっと声をあげていきましょう。

当日の集会では、冒頭にビデオ上映があります。これは、夜ノ森駅、大野駅、双葉駅周辺の放射線量調査をした最新の映像です。いずれも帰還困難区域にあるため、駅には近づくことが出来ませんでしたが、可能な限り近くによって測定しました。実行委員会の有志の行動です。是非ご覧下さい。

皆さん、22日12時半開場・午後1時開始、水戸駅北口・水戸駿優教育会館8階ホールに集まって下さい。

新しいチラシが出来ました。

9月22日(日)の「常磐線の全線開通は安全か? 水戸集会」に向けて、実行委員会のチラシが出来上がりました。
午後1時開会、水戸駅北口駿優教育会館8階ホールが会場です。
第一部はパネルディスカッション、動労水戸と福島の医師、そして、いわき市の畜産農家の方がそれぞれ語られます。また、第二部では、東海第二原発再稼働反対の訴えをはじめ、原発再稼働とたたかう現場からの発言があります。集会は、午後3時頃まで。
集会後は、水戸市内をデモ行進する予定です。
職場で仲間に声をかけて、今からでも常磐線の帰還困難区域への延伸(全線開通)を止めていきましょう。




痛みのある失敗とK544の被爆労働許否

「失敗から学ぶことの大切さ」と言われますが、この国では失敗した人に厳しいですね。

失敗した人の責任にすれば、安泰な人たちがいるからです。

戦争を始めた責任、そして負けた責任を誰かに取らせて安泰だった人たちが日本の政治を支配して来なかったでしょうか?

これに対し労働者は、日々の仕事の責任を取りながら生きています。


 (ありし日の415系の検査)

動労水戸は、2011年3月11日の大震災と福島第一原発事故で、広野に放置されたK544の「安全確認無き運用」に反対しました。

当時は「奇跡の電車」の運用に反対しているのはおかしい、K544がかわいそうだ。という意見もありました。

しかし、私たちは労働者と労働組合の責任において怯まず安全確認を求めたのです。

勝田車両センターでは、電車の交番検査などの定期検査や臨時の検査、修繕などを行っています。


 (交番検査が行われる検修庫。)

415系は廃車になりましたが、国鉄時代からの古い車両は、検査も大変でした。交直流電車は、屋根上も床下も器機が多く複雑です。

しかも夏場、検修庫の中は40度にもなります。

制御器(パワーコントロールユニット)担当者は「PC屋」と言われていました。絶縁検査(車体への漏電を防ぐ検査)のための碍子研きから始り、制御器の接点の点検と研きまで休み無く動くことになります。

415系は、モーターの配列と抵抗で制御します。その制御をカムを回しながら変えて行きます。

そのカムを回す小さなモーターがあり、そのモーターは板バネで押さえられたカーボンブラシから電源を得ます。

ある時、あまりに暑くそのカーボンブラシの点検を「大丈夫だろう」とはしょってしまいました。

その電車は、検査から一月ほど経って線路上で動けなくなりました。その原因を一緒に究明して行く中で、自分の検査ミスにあることが分かりました。

バネで押さえられているから「大丈夫だろう」という甘さが故障事故を生んだのです。深い後悔と自責の思いが、痛みと共に刻まれました。大変な失敗です。

そこからより厳しく、自分を見つめる様になり、当たり前の様に仕事やって来た仲間の苦労や凄さも分かる様になったのです。


 (勝田車両センターの夕暮れ。右側が検修庫です。)

K544。「安全だ!」「放射線測定の必要は無い」と言い張る会社に対して「安全を確認しないなら検査をやるべきでない」と毎日点呼で追求し、ストライキを構えました。

職場のみんなの声に押されて、ようやく放射線を測定した結果、抵抗器を冷やすための送風機の外気取り入れ口のフィルターから空間線量の3倍に及ぶ線量が検出されました。

「PC屋」が担当して、高圧エアで付いた埃を吹き飛ばす部分でした。担当者はその埃を吸う、そして吹き飛ばされた埃は周辺に拡散します。

JRは、そのフィルターを密かに外し隠してしまいました。

根拠無き安全宣言を行い、不都合な真実は隠す会社と国。しかし、私たち労働者が失敗から学んでいることは「この程度で良い。」と言うことは無いと言うことです。

自分に厳しいからこそ言えることがある。言うべきことがある。そう言うことだと思います。

JR勝田運輸区前座り込み 2日目も貫徹!

好天気どころか、二日間強烈な日射し、日焼けした国分さんのリードで11時半から13時半まで2時間「特急車掌一人乗務化反対!水郡線ワンマン化反対!」のJR勝田運輸区前座り込みをやり抜きました。

(国分さんの緻密なアピール) (高野さんの怒りのこもったアピール)

昨日は、助役が前面に出て来て「敷地内にペットボトルを置くな。」とか、どうでも良いクレームをつけて来ましたが、今日は建物に引っ込んだままでした。みんながおかしいと思っているから、聞いていられない感じでしたからね。


(実際にLINEを通じて寄せられた、職場の青年たちの声です!)

勝田運輸区の目前にコンビニがあります。かなりの青年たちが飲み物やお昼を買いに出ましたが、みなさんニコニコして礼儀正しいのが印象的でした。女性も多く、国分さんや高野さんと明るくあいさつしていました。なかには話し込む人もいました。

 
(手前は水郡線運転士根本さん、その向こうが、アピール中のやはり水郡線運転士の木村書記長。高野さんは、利用者に説明しています。)

通りかかったJR利用者の人は「二人でやっていた車掌の仕事を一人にするのはひどい!」と話して行きました。

徐行して横断幕を読んで行くドライバーもかなりいました。
手間がかかりましたが、横断幕や立て看板の効果は絶大でした。


(勝田車両センター再雇用拒否から一年!辻川副委員長もアピール)

昨日、勝田運輸区前座り込みを貫徹する中、勝田車両センターでストライキ方針を話し合う職場集会がありました。

「車掌の問題だから検修は関係ないという意識が職場にあるけど、効率化・外注化は全ての青年の未来の問題だ。無関係じゃない!」

「28名削減されても、当面見かけ上変わらなくても次に誰が残るのかで仲間が分断され労働組合破壊に使われる。国鉄分割民営化の時と同じだ。」

「動労水戸が経験し、仲間と共に勝利してきた歴史を今こそ伝えて行こう!」

仲間を守り、仲間がいるから大変なことにも負けないで頑張れる。それが労働組合の原理です。

連日の行動になりますが、明日は早朝から常陸太田駅前街宣に立ちあがります。効率化・ワンマン化、職場統廃合で利便性の悪化を生み出し、水郡線廃止に向かうJR東日本に地域住民・利用者と共に抗議しましょう!




【特急車掌1人乗務反対】勝田運輸区で乗務員に訴える



勝田運輸区前にて2時間の座り込み行動。

ビラを配りながら組合員・家族がマイクで訴えました。

横断幕と立て看板も登場!







木村書記長は勤務前に駆けつけ、曲山組合員は明けで家に帰る前にわざわざ土浦から来てくれました。



愛車のハーレーで登場したのは土浦運輸区運転士の原口組合員!(ちなみに石井委員長も原付で水戸から来ました)

人間ドックとご家族の看病の合間に駆けつけてくださいました。大変おつかれさまです。





明日10月10日からはいよいよ車掌の訓練が始まります。

「おかしい」「納得できない」と声を上げることがカギです。

現場の力を見せる時です!

カレンダー

08 2019/09 10
S M T W T F S
1 3 5 6 7
8 10 12 13
15 16 17 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

フリーエリア

最新CM

プロフィール

HN:
動労水戸
性別:
非公開
職業:
鉄道労働者
自己紹介:
【国鉄水戸動力車労働組合】
1986年結成。JR東日本・JR貨物とその関連会社の労働者で組織する労働組合です。
全国・全世界の労働者とともに、外注化阻止・被曝労働絶対反対で2019年も闘います!

ブログのご意見・ご感想は↓↓
doromito30th☆yahoo.co.jp
(☆⇒@)

【本部事務所】
310-0011
茨城県水戸市三の丸3-1-3
電話番号:029-227-6020
FAX:029-227-6291

【平支部事務所】
973-8411
福島県いわき市小島町3-3-1 佐藤ビル1階

バーコード

ブログ内検索

P R