JR東労組本部が水戸、東京、八王子3地本委員長を統制処分

みなさん既にご存じかもしれません。JR東労組の水戸、東京、八王子の3地本の委員長に執行権停止が出されました。

通例これは、本部が3地本の執行権を認めない。本部で再建するということですから、本部の指令にしたがわなければ、事実上分裂ということです。



これは大子運輸科に貼り出された掲示です。本部に屈せず「組合員の声をもとに、これまで以上に闘う!」と断固とした宣言を出しています。

確かに、現場組合員の声、現場組合員の要求で闘うのが労働組合の原則です。



ツイッターでは、東京地本でも組合員の結束の固さが強調されています。

他方で会社が、独身寮でも脱退工作をしたことが暴露されています。

東労組本部の動きは、解体できない青年たちの結束の固さに焦る会社の意思と一体のものでしょう。

しかし、労働組合そのものを解体し「生かすも殺すも自由」「文句は言わせない」という会社との取り引きとは何なのでしょう?

これまで、東労組本部がやって来た「会社を背景にして、職場を支配する」という路線が通用しなくなったから「解体攻撃」を受けているのに、現場組合員そっちのけで、会社にすがり3地本委員長を処分して一体何をしようと言うのでしょうか?

それで全面外注化や「ジョブローテーション」を止められると言うのか?

そんなことはありませんし、用済みになれば、捨てられるだけです。

さて、常磐線冨岡以北に531系を入れるために、線路が引き直されました。高線量地帯を531系も走ることになります。

乗務員・乗客が危険にさらされるだけでなく、検修、清掃、全ての人に再び被曝の問題が発生します。K544の時と同じです。



「政府が安全と言うから安全だ!」と線量を調べも、発表もしないJR東日本の何を信じるのでしょうか?

労働組合の責任はとても大きいと思います。会社も、東労組本部も原発事故と被曝問題を問題にしませんが、現場組合員はそれで良いと思っているのでしょうか?

労働組合を現場組合員に取り返しましょう!

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

カレンダー

05 2019/06 07
S M T W T F S
8
18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

フリーエリア

最新CM

プロフィール

HN:
動労水戸
性別:
非公開
職業:
鉄道労働者
自己紹介:
【国鉄水戸動力車労働組合】
1986年結成。JR東日本・JR貨物とその関連会社の労働者で組織する労働組合です。
全国・全世界の労働者とともに、外注化阻止・被曝労働絶対反対で2019年も闘います!

ブログのご意見・ご感想は↓↓
doromito30th☆yahoo.co.jp
(☆⇒@)

【本部事務所】
310-0011
茨城県水戸市三の丸3-1-3
電話番号:029-227-6020
FAX:029-227-6291

【平支部事務所】
973-8411
福島県いわき市小島町3-3-1 佐藤ビル1階

バーコード

ブログ内検索

P R