乗務員、乗客無視のワンマン化と常磐線全面開通

みなさん、今年もあと2日、お正月に向けて忙しいでしょうか?

動労水戸は、27日に執行委員会、本日30日は平支部の忘年会です。来年の激動に向けて団結を固めています。


(いわき駅夜景)

執行委員会では、

水郡線ワンマン拡大で降車できない乗客が相当数出ていること。

2両のワンマンだと、後部車両に乗っていて一両目の運転席まで30秒の停車時間で来れない人がいる。お年寄りは無理して走行中に前に来ようとするから、転倒事故が起きる。

逆に運転席まで来ないで、最後部の乗車口から降りてしまう人もいる。いわゆる不正乗車も増えている。

との話が出ました。

また、東京の運輸区の大規模統廃合が規模の縮小と配置転換を使った労働組合解体のための施策であると同時に、各区の「役割りの明確化」が図られていること。

例えばいわき運輸区は、常磐線が全面開通した場合「いわき以北」専門の区にされるというのです。


(福島第1原発)

つまり、第1原発の脇を通る電車専門の運輸区になります。乗務員と乗客の命を守り、住民への帰還強制を許さないこと。

そこに労働組合の最も重要な役割がありませんか?

来年は、真に労働組合が問われる年になります。この様なことに立ち向かえないならば、どのような労働組合も通用しなくなります。もちろん動労水戸もです。

労働者自身、青年自身一人一人が考え、ハッキリ意思表示して、行動する時ではないでしょうか?

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

カレンダー

03 2019/04 05
S M T W T F S
19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

フリーエリア

最新CM

プロフィール

HN:
動労水戸
性別:
非公開
職業:
鉄道労働者
自己紹介:
【国鉄水戸動力車労働組合】
1986年結成。JR東日本・JR貨物とその関連会社の労働者で組織する労働組合です。
全国・全世界の労働者とともに、外注化阻止・被曝労働絶対反対で2019年も闘います!

ブログのご意見・ご感想は↓↓
doromito30th☆yahoo.co.jp
(☆⇒@)

【本部事務所】
310-0011
茨城県水戸市三の丸3-1-3
電話番号:029-227-6020
FAX:029-227-6291

【平支部事務所】
973-8411
福島県いわき市小島町3-3-1 佐藤ビル1階

バーコード

ブログ内検索

P R