労働組合の力で職場と線路を守ろう

みなさんお疲れ様です。常磐線特急の「新乗車システム」が中央線にも導入されます。中央線特急の車掌も一人乗務にされそうですね。

水戸、八王子、東京は、JR東労組の反本部派の拠点であると同時に、実体そのものです。合理化は、労働組合破壊と一体で進められます。

中央線では、上諏訪、下諏訪駅の特急停車が減り、諏訪市から抗議の声が上がっています。それだけではなく全席指定化で料金も上がります。



利用者負担を増やし、安全を軽視する。公共交通を民営化し、利益優先の会社が行きつく先は労働者を軽視し、乗客、地域住民を無視することにつながります。



JR北海道を見れば歴然とします。原発、鉄道を切り札にした経済政策も次々と破綻し、つけは国民に回されます。

地域経済は、利益優先のためにガタガタにされ切り捨てられる。

労働組合が今こそ闘うべき時ではないでしょうか?

動労水戸は、自らの職場を守ることと線路を守ることは一体だと考えます。水郡線大子運輸科の乗務員、検修労働者が決定的に不足しています。これをあいまいにせずに闘います。

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

カレンダー

03 2019/04 05
S M T W T F S
19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

フリーエリア

最新CM

プロフィール

HN:
動労水戸
性別:
非公開
職業:
鉄道労働者
自己紹介:
【国鉄水戸動力車労働組合】
1986年結成。JR東日本・JR貨物とその関連会社の労働者で組織する労働組合です。
全国・全世界の労働者とともに、外注化阻止・被曝労働絶対反対で2019年も闘います!

ブログのご意見・ご感想は↓↓
doromito30th☆yahoo.co.jp
(☆⇒@)

【本部事務所】
310-0011
茨城県水戸市三の丸3-1-3
電話番号:029-227-6020
FAX:029-227-6291

【平支部事務所】
973-8411
福島県いわき市小島町3-3-1 佐藤ビル1階

バーコード

ブログ内検索

P R