ストライキへのご支援ありがとうございました!

10月20日に迫る「水郡線ワンマン運転拡大」「常磐線特急車掌一人乗務化」のなし崩し強行に反対するストライキへのご支援とご協力、ありがとうございました。
2011年10月14日被曝した車両K544の検査・運用に反対して動労水戸に入った照沼靖功君。加入してちょうど7年になりました。

組合員集会では「動労水戸に入るのには、確かにハードルが高い。でも一緒に闘うことは楽しく、充実している。自分も街頭宣伝に参加して、手応えを感じました。私には何の後悔もありません。悩んでいる青年が、一人でも多く動労水戸に来て欲しい。」とアピールしました。

闘いは、これで終わりではありません。なぜなら会社は利益を拡大するために効率化や外注化、分社化を進め続けるからです。

労働者は自分たちの命と生活を守るために闘わなければ、奴隷にされてしまいます。しかし、一人で会社に立ち向かうのでは勝てません。仲間と一緒に立ち向かうのです。その仲間は一生の宝になり、金だけの関係を圧倒して行きます。それが労働組合の原理だと動労水戸は考えます。

闘いの中で本当に大切な仲間を見つけていく。だから動労水戸は、とても明るい。



★動労水戸は、ストライキに続き来月稼働40年を迎える東海第2原発再稼働反対の行動に立ちます。

★来年3月ダイヤ改正は「乗務員勤務制度」の根本解体との闘いになります。

★そして2019年度は「常磐線全線開通」との激突です。何の収束もしていない福島第1原発のわきに電車を通すことが許されるのか?乗務員・乗客の命の問題です。

労働組合を破壊しストライキをやらせないと言うことが、直接には常磐線全線開通に向けて行われていることをハッキリ見ましょう。

日本政府には、オリンピック後の経済展望が描けません。憲法を変えて、軍隊を強化し労働者への強権支配を強いて行くしかないでしょう。

★11月4日動労千葉、港合同、関西生コンが呼びかける日比谷野音集会に集まってください!


コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

カレンダー

03 2019/04 05
S M T W T F S
25 26 27
28 29 30

フリーエリア

最新CM

プロフィール

HN:
動労水戸
性別:
非公開
職業:
鉄道労働者
自己紹介:
【国鉄水戸動力車労働組合】
1986年結成。JR東日本・JR貨物とその関連会社の労働者で組織する労働組合です。
全国・全世界の労働者とともに、外注化阻止・被曝労働絶対反対で2019年も闘います!

ブログのご意見・ご感想は↓↓
doromito30th☆yahoo.co.jp
(☆⇒@)

【本部事務所】
310-0011
茨城県水戸市三の丸3-1-3
電話番号:029-227-6020
FAX:029-227-6291

【平支部事務所】
973-8411
福島県いわき市小島町3-3-1 佐藤ビル1階

バーコード

ブログ内検索

P R