車掌を切り捨てるための「ワンマン運転拡大」

    
    動労水戸の上部組織である動労総連合は10月21日、JR東日本本社と「ワンマン運転拡大」の交渉を行いました。


    会社はこの提案の理由に「今後の人口減少」「社員の採用が困難」等をあげ、「最新の技術を導入して、機械に置き換えていく」としています。しかし、列車の安全を確保する車掌業務は、簡単に機械に置き換えられるものでしょうか。
   
    会社は「仙台空港線では問題はない。東北本線の検証でもいい結果が得られた」として導入しようとしています。

しかし組合から「ホームの安全確認」や「列車の後方確認」などを追及すると、「扉の開閉は確認できた」「乗降は確認できた」などと答えるのみで、安全が確保できたとは答えられませんでした。


    また「最新技術」と言っているものも、ほとんどが「検討していく」という回答です。
    この提案の目的をさらに追及すると、「ワンマン運転拡大は変革2027』のひとつ」「生産性向上。コスト削減。社員を減らしていく」と、要員大合理化の目的を明らかにしています。この施策のためにJR東日本は、全面的な労働組合解体を進めています。労働者の団結破壊がカギなのです。労働者を分断して要員削減と外注化を進め、鉄道業務を根本から解体するものと言わざるを得ません。



    動労水戸は、この大合理化を絶対に許すことはできません。仲間を切り捨てようとする攻撃には、現場の労働者の団結をつくって立ち向かっていきましょう。

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

カレンダー

11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フリーエリア

最新CM

プロフィール

HN:
動労水戸
性別:
非公開
職業:
鉄道労働者
自己紹介:
【国鉄水戸動力車労働組合】
1986年結成。JR東日本・JR貨物とその関連会社の労働者で組織する労働組合です。
全国・全世界の労働者とともに、外注化阻止・被曝労働絶対反対で2019年も闘います!

ブログのご意見・ご感想は↓↓
doromito30th☆yahoo.co.jp
(☆⇒@)

【本部事務所】
310-0011
茨城県水戸市三の丸3-1-3
電話番号:029-227-6020
FAX:029-227-6291

【平支部事務所】
973-8411
福島県いわき市小島町3-3-1 佐藤ビル1階

バーコード

ブログ内検索

P R