動労水戸組合員差別裁判報告

「常磐線特急車掌一人乗務問題」のJR東労組の勝田駅、水戸駅ビラ配布は、100名規模の動員で大きな反響を生んでいるとのことです。

水郡線ワンマン化から廃止、特急車掌一人乗務による5号車ドア扱い・強制配転との闘いは、来年3月ダイヤ改正に向けてこれからが本当の勝負です。

職場の労働者が力を合わせる労働組合にこそ力があります。それを実感して行く経験が大切だと思います。


動労水戸組合員に対する差別を争う裁判は、動労水戸組合員の利益だけを争う裁判ではありません。会社のやり方に疑問や反対意見があっても、管理職ににらまれると勤務評価が悪くなり昇進試験で差別されることは誰でも気付いています。

JR東日本は、動労水戸組合員を徹底的に差別することで動労水戸組合員が増えることを止めて来ました。それが今や「JR東労組にいると昇進試験に合格できなくなる」とさえ言われています。

職場のみんなが自由に声を上げて行くためには、昇進試験合格の基準を透明にして行かなければなりません。動労水戸は、国鉄採用の組合員への運転士登用差別について最高裁判所まで勝ち抜き、今度は平成採用の照沼君を原告に加えて闘っています。



(水戸地裁の前には水戸城址の堀があります)

 
(堀の銀杏が綺麗でした!)


(リトル観光して水戸地裁へ)

今回のポイントは

①運転士登用差別に対する夜勤・超勤分の支払いについての証拠の「文書提出命令」

②昇進試験についての差別と合格基準についての証拠の「文書提出命令」

③JR東労組のストライキ設定に対する「労使共同宣言の破棄」と動労水戸のストライキ権に対する侵害と不当労働行為。

④動労水戸の平成採用組合員照沼君への露骨な昇進試験差別の実態の暴露。

にありました。


(弁護団の報告会)

照沼君は、勝田車両センターで誰もが知っているほど仕事にも業務知識にも精通しています。

技官という管理部門に7年間いて、何のミスもなく職責を全うして来ました。しかし、彼だけが最下位職のままです。動労水戸に入ったからです。

会社は、あまりにも露骨な差別のために「直接担当している業務は、昇進試験の合否には関係ない」とまで言い出しました。

担当している業務が試験の合否に関係ないならば、何で決まるのでしょうか?



組合への所属であるならば、正に違法な不当労働行為に他なりません。
動労水戸は、真っ直ぐ生きようとする青年へのこの様なふざけた扱いを絶対に許しません。

一人の仲間への不当な扱いを許さす、全員で闘います。仲間の大切さが労働組合の命です。

次回公判は、1月18日14時30分からです。ご支援宜しくお願いします。





コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

カレンダー

04 2019/05 06
S M T W T F S
9
14 15
21 24 25
26 27 28 29 30 31

フリーエリア

最新CM

プロフィール

HN:
動労水戸
性別:
非公開
職業:
鉄道労働者
自己紹介:
【国鉄水戸動力車労働組合】
1986年結成。JR東日本・JR貨物とその関連会社の労働者で組織する労働組合です。
全国・全世界の労働者とともに、外注化阻止・被曝労働絶対反対で2019年も闘います!

ブログのご意見・ご感想は↓↓
doromito30th☆yahoo.co.jp
(☆⇒@)

【本部事務所】
310-0011
茨城県水戸市三の丸3-1-3
電話番号:029-227-6020
FAX:029-227-6291

【平支部事務所】
973-8411
福島県いわき市小島町3-3-1 佐藤ビル1階

バーコード

ブログ内検索

P R