お詫びと訂正

動労水戸ブログを見ている鉄道ファンの方が、ネット上に出されている常磐線全線開通に向けた試運転の情報を送ってくれました。

ネット上の情報について、組合として確認することなく掲載したことについて「正式提案を受けた訳ではなく、根拠がない」との指摘を受けました。

全線開通とそれに伴う試運転があることは事実ですが、具体的には発表も提案もされていないということですので、この点を訂正しますと共にお詫び申し上げます。

試運転のスジを見つけて、連絡してくれた鉄道ファンの方は、高線量地帯を走らされる乗務員の身を案じて連絡をくれました。この点は、改めて深く感謝申し上げます。

引き続き情報や意見をお寄せください。


さて、みなさん東京の豊島園に行かれたことはありますか?

近くに「萬月」というこだわりの絶品お蕎麦屋さんがあります。

入りますとお店の中は「昭和」で感じよく固められています。

そしてレトロなTVで流されていたのは、何と鉄道映画でございました。


調べて見ました。
という1960年の映画でした。

東京発長崎行き夜行寝台特急「さくら」を舞台にした映画でした。

牽引するのは、EF58。そして非電化区間はC62

です。何と旧「平機関区」(現いわき)所属の機関車も使われているとのことです。

国鉄が全面協力して、国鉄職員の活躍を描いた映画です。国鉄が愛された時代の映画です。


 (平機関区C6247)

ところで、福島第一原発も第二も、東京電力の原発です。

そして世界初の完全MOXの大間原発は、水力、火力しかやったことがなく電線が専門の電源開発(Jパワー)の原発。

福島のためでもなく、東北のためでもありません。

震災と共にその原発事故で多くの人が亡くなり、悲しみ苦しんで来ました。


復興だ、常磐線全線開通だと言って被曝させられるのも福島の人たちです。

福島の人たちなら良いのでしょうか?おかしくないですか?労働者に取っては同じ仲間なんです。

相手の立場に立つ。それが出きることが労働組合に取って最も大切なことだと思います。

60年前の映画を見るまでもなく、原町やいわきの仲間の立場に立って発言し、闘うのが本当の仲間だと思います。

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

カレンダー

03 2020/04 05
S M T W T F S
1 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

フリーエリア

最新CM

プロフィール

HN:
動労水戸
性別:
非公開
職業:
鉄道労働者
自己紹介:
【国鉄水戸動力車労働組合】
1986年結成。JR東日本・JR貨物とその関連会社の労働者で組織する労働組合です。
全国・全世界の労働者とともに、外注化阻止・被曝労働絶対反対で2019年も闘います!

ブログのご意見・ご感想は↓↓
doromito30th☆yahoo.co.jp
(☆⇒@)

【本部事務所】
310-0011
茨城県水戸市三の丸3-1-3
電話番号:029-227-6020
FAX:029-227-6291

【平支部事務所】
973-8411
福島県いわき市小島町3-3-1 佐藤ビル1階

バーコード

ブログ内検索

P R