中央線も特急車掌一人乗務化。職場と乗客の声を無視!

11月1日交通新聞で、JR常磐線に続き中央線の特急あずさ・かいじに車掌一人乗務を拡大することを発表しました。

 常磐線では、直ちに乗客とのトラブルが発生し暴力事件が発生しています。全席指定で、車内で特急券を買うと割高になる。車掌削減のため事前購入を促すための不合理な料金システムです。

しかし、車掌が検札に来なければ特急料金を払わなくでも済みます。一人乗務ならば、検札に来ない可能性が高まります。特急指定券を買った乗客と買えなかった「未指定券」の乗客、そして特急券の無い乗客。

乗客同士のトラブル、乗客と車掌のトラブルが否応なしに増えて行きます。

 
(車掌の一人乗務化が導入されるE353系特急車両です。)

また車掌の一人乗務化の拡大は、そのまま車掌の削減になります。職場で誰が削減の対象になるのか?その疑心暗鬼によって、職場の仲間に分断をもたらします。

労働組合解体を狙う会社は、労働組合に所属する労働者を差別します。

水戸では、JR東労組も職場の声に押され10月20日の一人乗務強行以降も
抵抗しています。
 
大切なことは、職場の青年たちの声にあります。

労働組合の主人公は、労働者一人一人です。その声や思いの中から、労働組合のリーダーは要求をまとめ、みんなで闘うことで労働組合は作られて行くのです。

簡単なことではありませんが、韓国の民主労総はその地道な努力を通して社会全体を変える力を作り上げました。

私たちは同じ労働者階級です。小さな分断や対立を越えて一つになるのも労働組合の役割りです。

動労水戸も、今までのあり方を変えて頑張ります!

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

カレンダー

10 2018/11 12
S M T W T F S
14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

フリーエリア

最新CM

プロフィール

HN:
動労水戸
性別:
非公開
自己紹介:
【国鉄水戸動力車労働組合】
1986年結成。JR東日本・JR貨物とその関連会社の労働者で組織する労働組合です。
全国・全世界の労働者とともに、外注化阻止・被曝労働絶対反対で2018年も闘います!

【本部事務所】
310-0011
茨城県水戸市三の丸3-1-3

【平支部事務所】
973-8411
福島県いわき市小島町3-3-1 佐藤ビル1階

バーコード

ブログ内検索

P R