動労水戸情報第559号

ダウンロード



JR水戸支社、再びK544運用を計画
被曝と帰還強制にJRは加担するな!

 みなさん!動労水戸のストライキと職場の仲間の怒りで使用停止になり、一昨年から勝田車両センターに留置されているK544編成が再運用されようとしています。JR水戸支社は内部被曝の危険についてなんら回答もせず、放射能対策もないまま、7月16日に交検を行い、17日入場整備、18日に郡山工場への移送を強行しようとしています。この暴挙が発覚することを恐れた会社は、わが組合に計画を通知しませんでした。委託業務に携わるMTS労働者にも一切知らされていません。労働者の命と安全を何だと思っているのか!JRによる被曝労働の強制を私たちは絶対に許しません。こうした暴挙を黙認する他労組幹部も同罪です。K544の交検・移送を阻止し、内部被曝から労働者・住民を守りましょう。常磐線竜田延伸で、高線量地帯への帰還に加えて補償と命の切り捨てを進める政府と東電、そしてJRに対し、組合を越え鉄道労働者の誇りと使命にかけて団結し対決しよう!

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

カレンダー

03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

フリーエリア

最新CM

プロフィール

HN:
動労水戸
性別:
非公開
自己紹介:
【国鉄水戸動力車労働組合】
1986年結成。JR東日本・JR貨物とその関連会社の労働者で組織する労働組合です。
全国・全世界の労働者とともに、外注化阻止・被曝労働絶対反対で2016年も闘います!

【本部事務所】
310-0011
茨城県水戸市三の丸3-1-3

【平支部事務所】
973-8411
福島県いわき市小島町3-3-1 佐藤ビル1階

バーコード

ブログ内検索

P R