1・17ストライキ(損賠裁判・支社抗議行動)



1月17日、動労水戸組合差別損賠裁判が水戸地裁にて行われました。

今回もストに入った組合員とともに、多くの家族・支援者が駆けつけてくださいました。

今回の裁判から、「進行協議」が始まりました。裁判の前に裁判官と原告・被告が裁判の進め方について話し合いを行うというものです。

これまでの脇裁判長と交代した日下部裁判長の、事件(組合差別)への関心の高さがうかがえます。

公判では、松田育朗弁護士が「JRによる動労水戸に対する敵視政策は、労働者の団結権を侵害するものであり、国法である日本国憲法に挑戦するものだ」と堂々たる陳述を行いました。

陳述に立った石井委員長は、①動労水戸組合員の配転先だった関連事業の必要性の問題②組合員の資格取得外し③指導操縦者指定外しという具体的事例を挙げ、現在も継続する組合差別の実態を厳しく追及しました。



今回は小竹運輸グループ労組の仲間が駆けつけ、組合員に対する解雇攻撃に反撃する決意を述べました。



裁判終了後の恒例の水戸支社抗議行動は、道行く人たちが注目する中行われました。

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
12 13 15 16 17
19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

フリーエリア

最新CM

プロフィール

HN:
動労水戸
性別:
非公開
自己紹介:
【国鉄水戸動力車労働組合】
1986年結成。JR東日本・JR貨物とその関連会社の労働者で組織する労働組合です。
全国・全世界の労働者とともに、外注化阻止・被曝労働絶対反対で2017年も闘います!

【本部事務所】
310-0011
茨城県水戸市三の丸3-1-3

【平支部事務所】
973-8411
福島県いわき市小島町3-3-1 佐藤ビル1階

バーコード

ブログ内検索

P R