JR利用者からの投稿

「今朝、常陸津田駅で切符を買おうとしたら。大甕駅までの切符代500円を入れようとしたら投入口がない。」



「乗車証明書発行機の本体は以前と同じ大きさだったので?固まりました」
「券売機は利用者の多い中菅谷~常陸青柳間に設置したんだから、簡易Suica導入してほしいですね」
「水戸駅の精算機は、水郡線到着時に混雑しそうですね」
「乗車証明書は磁気券で取り放題なので、これまで以上に不正乗車に使われますね」

水郡線の中菅谷~常陸青柳駅間では8月26日から、切符の券売機が廃止され乗車証明書発行機しかなくなりました。「切符は目的地まで」という不正乗車防止の決まり文句はどうしたというのでしょうか。
切符も買えない、Suicaも使えない、乗った人は終点の駅で精算しろと。どれだけ利用者をなめているのか。とお叱りをうけてもごもっともです。



JR東日本は「変革2027」に向けて、切り捨てられるものはすべて切り捨てようとしています。とりわけローカル線は、その切り捨てが激しく進行しているのではないでしょうか。

人が必要なところはグループ会社の低賃金労働者に置き換え、人が要らないところは利用者に不便な機械に置き換えます。



今回の乗車証明書への切り替えも、券売機の売上回収や釣銭補充を無くすためだと思われます。
そのために利用者が不便になってしまう。

JR東日本は4-6月期連結決算で、売上高が過去最高を更新しています。公共交通とは名ばかりの、利益至上主義と言えるのではないでしょうか。

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

09 2019/10 11
S M T W T F S
2 3 4 5
7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

フリーエリア

最新CM

プロフィール

HN:
動労水戸
性別:
非公開
職業:
鉄道労働者
自己紹介:
【国鉄水戸動力車労働組合】
1986年結成。JR東日本・JR貨物とその関連会社の労働者で組織する労働組合です。
全国・全世界の労働者とともに、外注化阻止・被曝労働絶対反対で2019年も闘います!

ブログのご意見・ご感想は↓↓
doromito30th☆yahoo.co.jp
(☆⇒@)

【本部事務所】
310-0011
茨城県水戸市三の丸3-1-3
電話番号:029-227-6020
FAX:029-227-6291

【平支部事務所】
973-8411
福島県いわき市小島町3-3-1 佐藤ビル1階

バーコード

ブログ内検索

P R