水郡線でまたもや倒木と衝突

お盆のUターンの最中ですが、台風の影響か水郡線では今月何と4件目の倒木が起きてしまいました。

今回起きたのは、中舟生-下小川間で、333Dが衝突しました。

さいわい怪我をした人はいないようですが、本当に深刻な状況だと思います。


(国分勝之撮影)

水戸支社は動労水戸との団体交渉の中で、「沿線の立ち木は、手引きとマニュアルで管理している」と回答していましたが、ここまでくると「手引きとマニュアル」は、まったく通用していないと考えざるを得ません。この「手引きとマニュアル」を盾に、対応をとらない水戸支社は、乗客・乗務員の生命の安全だとか、事故後に対応する労働者のことをどう思っているのでしょうか。

11日の倒木事故車両の修繕にあたった労働者は、「連結噐の交換はどうということはないが、暑いのがね」と話していました。

現場の労働者は、猛暑続きの中でも安定輸送を確保するために、懸命に働いています。グループ会社の労働者も同じだと思います。現場労働者の力を合わせたところでしか、すべての列車はまともに動かないのではないでしょうか。

私たちは、この現場労働者の団結を取り戻すために、会社への安全要求を続けていきたいと思っています。

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

カレンダー

08 2019/09 10
S M T W T F S
1 3 5 6 7
8 10 12 13
15 16 17 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

フリーエリア

最新CM

プロフィール

HN:
動労水戸
性別:
非公開
職業:
鉄道労働者
自己紹介:
【国鉄水戸動力車労働組合】
1986年結成。JR東日本・JR貨物とその関連会社の労働者で組織する労働組合です。
全国・全世界の労働者とともに、外注化阻止・被曝労働絶対反対で2019年も闘います!

ブログのご意見・ご感想は↓↓
doromito30th☆yahoo.co.jp
(☆⇒@)

【本部事務所】
310-0011
茨城県水戸市三の丸3-1-3
電話番号:029-227-6020
FAX:029-227-6291

【平支部事務所】
973-8411
福島県いわき市小島町3-3-1 佐藤ビル1階

バーコード

ブログ内検索

P R