自分自身を生きる!

みなさんお疲れ様です!

また新しい一週間の始りです。極寒の中で咲いている蝋梅から、梅の時期に変わって来ました。

咲き始めた梅を撮りにたくさんの人が出ています。

ところで写真も、絵も人の心を打つってどんなことなんでしょうね?

綺麗な絵でも、それだけでは感動しませんね。それは、自分自身を描いていないからじゃないでしょうか。


(国分勝之撮影。ツツジの駅のED75の写真。1979年国鉄のころ何度も日本一の庭園駅に選ばれたころの常磐線夜ノ森駅です。福島第一原発事故で奪われた風景でもあります。)

綺麗な絵も写真も、あふれています。コピーや模造も簡単出きる様になりました。でも、綺麗であることや所有するものにとらわれることで、実は一人一人の存在が希薄になって来た様に思います

他方人は、厳しい状態に追い込まれるほど、自分の存在意義を懸命に見いだそうとします。つまり、低賃金で、意味が感じられない労働を強いられるほど、逆に意義を見いだそうとしてしまう様です。

過酷な状況に追い込むほど、人を支配しやすくなる。それを会社や社会、あるいは組織の支配者は利用します。

だから、仕事を自分の生命の発露として奪い返すことは、強いられた過酷な状況の中で「綺麗」に生きることを競争することの中にはありません。

強いられた過酷な状況自体を変えること。それと同時に自分自身を生きることだと思います。

(磐越西線更科信号所付近からの磐梯山。)

国分さんの写真。高校時代から鉄道への愛があふれていますね。

自分のすきなことがあることは、幸せですね。

虫や日輪など独特の絵を描いた、熊谷守一さんは、

下品な人は下品な絵をかきなさい
ばかな人はばかな絵をかきなさい
下手な人は下手な絵をかきなさい

と言いました。

みなさんも綺麗な絵でなくても自分自身の絵をかいて見ませんか?
色んな青年たちが、自身たち自身の絵をかくために労働組合を作っています。

https://mainichi.jp/articles/20190129/ddl/k24/040/154000c

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

カレンダー

03 2019/04 05
S M T W T F S
25 26 27
28 29 30

フリーエリア

最新CM

プロフィール

HN:
動労水戸
性別:
非公開
職業:
鉄道労働者
自己紹介:
【国鉄水戸動力車労働組合】
1986年結成。JR東日本・JR貨物とその関連会社の労働者で組織する労働組合です。
全国・全世界の労働者とともに、外注化阻止・被曝労働絶対反対で2019年も闘います!

ブログのご意見・ご感想は↓↓
doromito30th☆yahoo.co.jp
(☆⇒@)

【本部事務所】
310-0011
茨城県水戸市三の丸3-1-3
電話番号:029-227-6020
FAX:029-227-6291

【平支部事務所】
973-8411
福島県いわき市小島町3-3-1 佐藤ビル1階

バーコード

ブログ内検索

P R