職場・現場を見ない無責任。

降雪から一転の小春日和につき、受験生のみなさん「サクラサク!」でピンクでお伝えします。

昨日のブログで報告しましたが、1月30日動労水戸は、JR水戸支社と大子運輸科の要員要求交渉をやりました。


会社は、労働組合を潰すために職場の声を無視し「要員は適正に配置されている」「組合の主張は聞かない」と答え続けています。会社側の交渉委員も上からの評価を恐れていますので、自分の考えを言うことはできないでしょう。しかし、管理部門にいてそれなりの処遇を受けている者が責任を取らずに、一体誰が責任を取るのでしょうか?

国民不在の厚生労働省の組織的改ざん問題とJRのあり方は、同じなのだと思います。上も下もきれい事ばかりで、現場無視。鉄道であれ、行政であれ、いかなる組織も現場があって成り立っています。


(国分勝之撮影)

動労水戸が団体交渉をやっている日、水郡線では、朝から車両故障や沿線火災がありました。

車両故障は、上りの4両編成の826Dが瓜連駅で最後部の1両しかドアが開かなくなりました。最前部でドアを開けると前3両しか開かないという故障です。一体「十分な検査体制」で起きる故障なのでしょうか?

さらに問題はこの先です。後台駅から運転士と車掌が打ち合わせて、前と後ろの両方でドアの開閉をしたそうです。通常は、車掌が最後部で乗客の安全を確認して開閉します。

一体どこでこんな指示が決まったのか。規定にも無い扱いについて、乗務員の間ではやってはならないことだとの声が出ています。

また沿線火災の影響で、339Dが2両運転のところ1両となりました。その関係で828Dが大子で取り込みになりました。この取り込みに、動労木村水戸書記長が「前超勤」(前残業)で当たることになりました。

「他にやる人はいないのか」問いだだしたところ、「指導会議に出張になる指導しかいない」とのこと。

交渉をやっているそばからこうした事態が次々と起こっているのです。

他方この日、29日の強風のため常磐線で時速25㎞規制がかかっていたのに100㎞で運転していたことも発覚しています。

https://mainichi.jp/articles/20190131/k00/00m/040/007000c

JRの事故ではありませんが、30日には、東海村核燃料施設で放射能漏れの警報がなりました。

https://johosokuhou.com/2019/01/30/12191/


要員は足りている。放射能漏れはない。その場しのぎで、現場を見ないことの蓄積がどの様な結果を生んでも責任を取らない人たち。しかし、彼らに任せて置く無責任もあると思います。

労働者自身の労働組合を作り直し、子供たちの現在と未来への責任を果たしませんか?動労水戸と共に。


コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

カレンダー

05 2019/06 07
S M T W T F S
8
18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

フリーエリア

最新CM

プロフィール

HN:
動労水戸
性別:
非公開
職業:
鉄道労働者
自己紹介:
【国鉄水戸動力車労働組合】
1986年結成。JR東日本・JR貨物とその関連会社の労働者で組織する労働組合です。
全国・全世界の労働者とともに、外注化阻止・被曝労働絶対反対で2019年も闘います!

ブログのご意見・ご感想は↓↓
doromito30th☆yahoo.co.jp
(☆⇒@)

【本部事務所】
310-0011
茨城県水戸市三の丸3-1-3
電話番号:029-227-6020
FAX:029-227-6291

【平支部事務所】
973-8411
福島県いわき市小島町3-3-1 佐藤ビル1階

バーコード

ブログ内検索

P R