ワンマン運転拡大で収益減少。それでも労働組合潰し!


水郡線ワンマン化の拡大と常磐線特急車掌一人乗務化で、サービスが低下しているだけでなく、収益が減少しているというのが現場の車掌の声です。


(美しい景色の中を走る水郡線を守ろう!国分勝之副委員長撮影)

特に水郡線は、無人化が進められて来た中でワンマン化で車掌がいなくなったためにいわゆる「不正乗車」が横行し、収益が減少しています。

運転士が、列車の安全と定時運転に専念すると乗客がどこで乗ったか誰も証明できなくなります。

乗客がなるべく負担を軽くしたくなるのは、当たり前です。また、列車の運行に責任をもたない「車内特別改札」は、本来の車掌業務ではありませんので、乗客に取っても労働者に取っても良いことではありません。

不正をすること、仕事をしないことが「得」になってしまうからです。



JR東日本は、収益悪化を理由にして水郡線も廃止対象23線区に指定しています。ワンマン運転で、サービス低下と収益減少を招いて廃止に導いて行くことが許されるのでしょうか?

美しい風景を走る水郡線は、みんなの宝です!



また職場では、東海原発再稼働に対する那珂市長の反対表明を「すごいことですね」と喜んでいます。

動労水戸もひたちなかと水戸市に要望書を出すことに、「そういうこともできるんですか」と話題になっています。一緒にやれたらいいですよね。


 
仙台支社でも水戸同様、各職場で東労組役員の配転が行われています。会津若松では、56歳くらいの当直助役が自殺しています。国鉄分割・民営化の時に被ります




「変革2027が出されたが、この先運転士なんかやっていられるのか」と不安の声も上がっています。

職場の声を労働組合の要求にしよう!労働者のための労働組合が今こそ必要です。

10月30日の東海第2原発再稼働反対のひたちなか市への要望書提出は、午前10時になりました。9時45分ひたちなか市役所集合です。宜しくお願いします。
 

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

カレンダー

03 2019/04 05
S M T W T F S
19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

フリーエリア

最新CM

プロフィール

HN:
動労水戸
性別:
非公開
職業:
鉄道労働者
自己紹介:
【国鉄水戸動力車労働組合】
1986年結成。JR東日本・JR貨物とその関連会社の労働者で組織する労働組合です。
全国・全世界の労働者とともに、外注化阻止・被曝労働絶対反対で2019年も闘います!

ブログのご意見・ご感想は↓↓
doromito30th☆yahoo.co.jp
(☆⇒@)

【本部事務所】
310-0011
茨城県水戸市三の丸3-1-3
電話番号:029-227-6020
FAX:029-227-6291

【平支部事務所】
973-8411
福島県いわき市小島町3-3-1 佐藤ビル1階

バーコード

ブログ内検索

P R