台湾脱線事故とJR東日本の乗務員制度改革

10月22日台湾で日本製の特急列車が脱線し、死者18人を含む重軽傷者200人を越える大事故が発生しました。


事故原因の究明が待たれていますが、私たちは事故の根本原因に、乗務員労働の軽視があるのではないかと考えています。

例えば10月23日のテレビ朝日【羽鳥慎一モーニングショー】では、列車事故20分遅延・管理部門急ぐよう督促か?
運転士は事故直前にブレーキの異常を訴えていた。とした上で


運転士は普段はシフト管理業務だが、土日は応援業務として列車を運転(運転歴5年)。だと伝えました。
 
そして台湾のメディアは「緊急時に列車の速度を自動的に落とす安全装置が切られていた可能性がある」と報道しました。

鉄道アナリスト・川島令三氏によると「遅れを挽回するために安全装置をOFFし、その後スピードを上げ、気が付くと急カーブに差し掛かり脱線したのではないか」。と分析しています。

そして車両が日本製なので、車両側に問題はなかったのか調べなければならない。日本は新幹線を含めて鉄道技術の輸出を計画しているため、影響も考えられる。と言及しました。

動労水戸は、常磐線特急車掌一人乗務の問題も、水郡線ワンマン運転拡大についても利益優先のために乗務員の仕事と責任を軽視しているということを厳しく追及して来ました。


(職場の仲間だけでなく地域の人たちの「水郡線を守れ!」の熱い支持を受けたストライキ!)

JR東日本は、来年3月のダイヤ改正から乗務員制度を改悪し「管理部門社員を応援運転士としても使う」ことを提案しています。

今回の台湾脱線事故の運転士は、48才でも経験5年、しかも平日は管理部門の仕事をしています。

乗務員は元より鉄道の労働者は、人の命と安全を守る責任ある仕事を、日々果たし、様々な経験を経て熟練して行きます。どれ程気を使いながら毎日働いていることでしょう。労働者の仕事は、誰でもできる訳ではありません。

しかも、重大事故があれば必ず労働者の責任にされます。だから労働組合は、労働者を守ることと乗客や地域住民を守ることをひとつのこととして考え、闘わなければならないのではないでしょうか。

動労水戸は、その様に考えます。


コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

カレンダー

03 2019/04 05
S M T W T F S
19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

フリーエリア

最新CM

プロフィール

HN:
動労水戸
性別:
非公開
職業:
鉄道労働者
自己紹介:
【国鉄水戸動力車労働組合】
1986年結成。JR東日本・JR貨物とその関連会社の労働者で組織する労働組合です。
全国・全世界の労働者とともに、外注化阻止・被曝労働絶対反対で2019年も闘います!

ブログのご意見・ご感想は↓↓
doromito30th☆yahoo.co.jp
(☆⇒@)

【本部事務所】
310-0011
茨城県水戸市三の丸3-1-3
電話番号:029-227-6020
FAX:029-227-6291

【平支部事務所】
973-8411
福島県いわき市小島町3-3-1 佐藤ビル1階

バーコード

ブログ内検索

P R