8・29いわき行動ビラ(裏)

ダウンロード



戦争・原発・非正規雇用 絶対反対!


(続き)
第一原発は今も危険な状態にあり、安心して暮らすことなどできない。近くに病院も、スーパーもない。こんな状況のなかで、楢葉町は「帰町宣言」をするのか。安倍の強引なやり方に追従して、住民に帰還と被曝、家族離散を強いるのか。


●常磐線全線開通=被曝強制を許さない

昨年9月、国は国道6号線を全線開通させた。しかし、放射線量があまりにも高いので、「窓は開けるな。降りるな。バイク・自転車と飲食は禁止!」こんな危険な道路を、なぜ開通したのか。
JR東日本は、安倍の帰還政策の手先になっている。年間5.2㍉シーベルトを超える「放射線管理区域」に匹敵する地域に列車を走らせ、内部被曝も無視し、労働者と住民を被曝させようとしている。JRは連続重大事故でも明らかなように、労働者・住民の命より利益を優先している。それなのに、常磐線では採算を度外視している。
動労水戸は被曝強制を絶対に許さない。JR常磐線の全線開通⇒避難指示解除⇒帰還強制の攻撃に断固反対し、再びストライキに立ち上がる。


●怒りを一つに、団結して闘おう

安倍は福島の現実にフタをして、原発再稼働へと突き進んでいる。
いまだに12万人に及ぶ人々が避難生活を強いられ、県内の「震災関連死」は認定されただけでも1884人、放射能の影響で小児甲状腺がんを発症している子どもはすでに127人と増え続けている。極めて深刻な事態だ。原発の汚染水は漏れ続け、事故は収束の目途すらつかない。それなのに安倍は何の責任も取ろうせず、福島よりも東京オリンピックを優先し、新国立競技場は2000億円もの巨費を投じる。本当に許せない。怒りを一つに、共に団結して闘うときだ!


●ゼネストで、社会を変えよう

安倍の戦争法強行の攻撃に対して、全国で「安倍打倒!」の闘いが巻き起こっている。労働者を使い捨てにする労働者派遣法改悪、残業代ゼロ法、解雇自由化に、労働者の怒りが湧き上がっている。
労働者があらゆる「阻止線」を越えて労働組合をつくり団結して闘えば、戦争をとめ、原発をなくし、社会を変えることができる。労働組合が軸になり、ゼネラルストライキを実現しよう!
8.29いわき集会&デモに、みんなの思いと怒りを集めよう!

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 25
26 27 28 29 30

フリーエリア

最新CM

プロフィール

HN:
動労水戸
性別:
非公開
自己紹介:
【国鉄水戸動力車労働組合】
1986年結成。JR東日本・JR貨物とその関連会社の労働者で組織する労働組合です。
全国・全世界の労働者とともに、外注化阻止・被曝労働絶対反対で2017年も闘います!

【本部事務所】
310-0011
茨城県水戸市三の丸3-1-3

【平支部事務所】
973-8411
福島県いわき市小島町3-3-1 佐藤ビル1階

バーコード

ブログ内検索

P R