ライフサイクル粉砕!第2波スト 會澤憲一君の訴え



大子運輸科で働く皆さん、本日結集された皆さん、本当におつかれさまです。

私は昨年の12月29日に、2月1日付での駅への配転を打診されました。

科長の言っていることは、支社との団交の際に言われたことの繰り返しです。納得のいく説明もありません。

こんなもので駅に行けるわけないじゃないですか!


会社の本音は「輸送職を育てるのは面倒だが、運転士は次から次へとできるから3年間行かせればいい。そうすれば余計な人件費がかからない。金をかけずに穴埋めができる」ということじゃないですか?

そんなふざけた制度、許せるわけがないじゃないですか!

運転士を3年間も離れてまた一から始める負担など、全く考えていません。


私は最近思います。ライフサイクルも含めて、戦争や外注化・非正規職化など、反対もしないで進められていいのかと。

自分たちだけでなく、未来ある後輩たちのためにも、おかしいことはおかしいと声を上げて、こんなものはぶっ潰さないと、いい未来は残せないじゃないですか!


今、非正規職は4割を超えています。経団連は9割まで増やすと言っています。自分は今は正社員の身分にいますが、このまま行けば将来子どもや孫が非正規職になるのは目に見えているじゃないですか。

何も声を上げずにそうなるのを黙って見ていた…そんな情けない大人じゃかっこ悪すぎるじゃないですか!


私がライフサイクルに反対するのは、自分が行きたくないということもあります。運転士の仕事を大切にしたいということもあります。

でも一番は、先輩が声を上げて、後輩が声を上げられる下地を作らなきゃいけないと思うからです。そして、こういう施策はぶっ潰せるならぶっ潰さないといけないと思うからです。


後輩たちが「運転士になりたいんですけど、ライフサイクルがあるからちょっと考えちゃいますよね」と話しているのを耳にします。そんなのって可哀そうすぎるじゃないですか!


私は後輩たちのために闘っていきたいと思います。そのためにライフサイクルをぶっ潰していきたい。

そのために、ライフサイクルの対象になっている後輩たちが「反対なので拒否します」と声を上げて欲しいのです。


国鉄採の先輩たちには、私のためじゃなくていいですから、東労組の後輩たちのために闘って欲しい。後輩たちの本当の声を聞いているなら、スト破りを受けないで欲しい!

「自分さえよければ」「今がよければそれでいい」という考え方では、会社も社会も本当にダメになります。安い給料で働かされて、戦争にも行かされる…そんな社会になったら、生きていても何も楽しくないじゃないですか!


私は、まずは大子からライフサイクルをぶっ潰すために立ち上がりました。大子運輸科のライフサイクル対象者の皆さん!反対の声を上げ、できるなら動労水戸に結集して一緒に闘いましょう!ライフサイクルをぶっ潰しましょう!

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

フリーエリア

最新CM

プロフィール

HN:
動労水戸
性別:
非公開
自己紹介:
【国鉄水戸動力車労働組合】
1986年結成。JR東日本・JR貨物とその関連会社の労働者で組織する労働組合です。
全国・全世界の労働者とともに、外注化阻止・被曝労働絶対反対で2017年も闘います!

【本部事務所】
310-0011
茨城県水戸市三の丸3-1-3

【平支部事務所】
973-8411
福島県いわき市小島町3-3-1 佐藤ビル1階

バーコード

ブログ内検索

P R