動労水戸情報595号

ダウンロード



鉄道業務全面外注化=「第2の分割民営化」狙うJR

JRは全労働者を本体で雇え!


会社の狙いは全業務の外注化・子会社化


7月1日、JR東日本は駅の全面外注化に向け、水戸・千葉・高崎の各鉄道サービス会社の駅業務部門を「JR東日本ステーションサービス」(JESS)に統合し、労働者の転籍と出向替えを開始した。これによってJESSは首都圏7支社の駅業務を請け負うことになった。



JESSは、13年4月に設立されたJR東日本100%出資の子会社だ。さらに、東京・横浜・八王子・大宮の各支社では、検修・構内業務を請け負うJR東日本運輸サービス(JETS)が12年12月に設立されている。JESSもJETSもJR本体業務を請け負うためだけに作られた会社だ。
 
JR東日本は、これまで国鉄分割民営化以来行ってきた保線・電力・信通・建築・機械などに加えて、検修構内・駅・車掌・運転士まですべての鉄道現場を本体から切り離し「金儲け」に徹して行く。本体の枠は限りなく狭くなるのだ。

会社が狙っているのは「第2の分割民営化」=鉄道業務すべての外注化・子会社化だ。他の鉄道会社でも、今年5月27日には相鉄ホールディングスが子会社に出向中の社員207名に対し、労働条件改悪の転籍か、さもなければ早期退職かの選択を迫っている。
 
JRの全面外注化は全社会的に進められている動きと一体だ。「今が良ければ」「自分が関係なければ」と考えているうちに、社会全体が逃げ場のない取り返しのつかないところに追い詰められていく。安倍政権の「戦争法案」同様、他人事だと思っているうちにとんでもない事になる。無関係な人は一人もいないのだ。
 

労働条件最悪のJESS


JESSは、JR本体で雇い止めされた契約社員やグリーンスタッフをより劣悪な労働条件で雇い入れ、各鉄道サービス会社から転籍になったプロパーとJR本体のエルダーを加えて構成される。各鉄道サービス会社は、プロパー社員に対し「JESSへの転籍に応じなければ清掃業務に行くことになる」と恫喝し転籍を強要している。

JESSは昇級が5年目・10年目・15年目の3回しかない。しかも1回の昇給額はわずか月5千~8千円だ。20万円未満で一生働かされることになる。

安倍政権が進める派遣法改悪と一体で、JRは労働者を一生低賃金の非正規雇用におとしいれようとしている。それは日本だけでなく世界中で進められている。世界の労働者と労働組合の共通の課題なのだ。


嘘まみれの業務外注化・強制出向を許さない!


鉄道現場の外注化によって重大事故が止まらなくなっている。14年2月京浜東北線・川崎駅での脱線転覆事故、15年2月勝田車両センター脱線事故、4月山手線・電化柱倒壊事故、東北新幹線・郡山駅架線切断事故など、一歩間違えば死者が出る大事故の連続である。

韓国セウォル号事故や米高速鉄道脱線事故、あるいは中国の客船転覆事故の大惨事にも、規制緩和と外注化・非正規職化の背景がある。外注化は、労働者の協慟性(団結)と仕事への誇りを奪うからだ。

12年10月に検修・構内外注化が強行されてから間もなく3年となり、強制出向の期限が9月末で切れる。JR東日本は、3年前に出向を強制する時には「労働条件も仕事の内容も何も変わらない」と言っていた。しかし、何よりも職場の先輩から後輩への継承性が破壊されている。

しかも、MTSをはじめとする鉄道サービス会社は、鉄道業務を忘れたJR天下り幹部が清掃労働者に偉そうに命令する一方、鉄道業務を担うプロパー社員の教育訓練などまったくできない会社だ。

3年経った今も、教育訓練の体制もなく、指導員も設備もない。労働条件も休日が減らされ、半休制度もない。制服も手袋も安全靴の支給にも差がある。詰所もいまだにJRとMTSの間仕切りもなく、3年間放置している。

それにも関わらず、MTSはプロパーを次々と雇い入れ、促成栽培している。「技術の継承」もウソ、「エルダー社員の雇用の場の確保」もウソだ。誰もがプロパー社員の危うさを感じている。3年の期限を迎える今、何人かがJR本体に戻ればそれで済む事なのだろうか。

動労総連合が提訴した出向無効確認訴訟では、JR側は契約書を隠し続けてきた。そこには「プロパー社員にJRと同等の教育・訓練をしなければならない」「作業責任者は、業務に精通していなければならない」と書かれている。作業責任者に検修・構内経験者はいない。契約自体が嘘なのだ。
 
外注化を直ちに止め、全業務をJR本体の直営にすることが、安全と雇用の破壊を根本から食い止める道だ。
JRは子会社プロパー社員を本体で採用し、65才まで働ける職場を確保せよ!すべてのJRで働く仲間は動労水戸・動労総連合に加入し共に闘いに起とう!


動労総連合出向無効確認訴訟 第12回公判
9月11日(金) 
東京地裁 第527号法廷

動労水戸情報594号

ダウンロード

 

被曝問題への無責任と開き直りを断じて許さない

常磐線全線開通絶対反対!


常磐線全線開通など絶対にあり得ない!


福島第一原発の事故は全く収束していません。政府や東電が責任逃れのために真実を隠し続けている結果、防げるはずの被曝が無防備に拡大しています。
原発事故で3つの炉心が破壊され、線量が高すぎて誰も近づけないために、未だにどうなっているのか分かりません。調査ロボットも役に立ちませんでした。
また、1~3号機の大量の使用済み核燃料も全く手が付けられていません。核分裂が再燃する「再臨界」になれば、もっと凄まじい事故になります。現実はただただ水で冷やし、汚染水を垂れ流すしかないのです。
原発の再稼働などあり得ませんし、国道・高速道路に続いて常磐線を開通させる事など絶対に許してはなりません。
 
この国の政治家や大企業は、戦争に全国民を動員しながらその責任から逃げるだけでなく、平然と切り捨ててきました。
戦争法案、非正規・「残業代ゼロ」法案と常磐線全線開通には、全く同じ本質があります。
福島の切り捨てと沖縄や全国民を切り捨てる事は一体です。絶対に許してはなりません!


「甲状腺ガンは組合に言われてはじめて認識した」(水戸支社)


6月24日、動労水戸は常磐線全線開通問題をめぐって支社交渉を行いました。
原発事故で不通区間となっている常磐線竜田~原ノ町間について、水戸支社はプレス発表で、小高~原ノ町間は16年春までに、浪江~小高間は遅くとも2年後、竜田・富岡間は3年以内をめどにできるだけ速やかに開通することを目指すと公言しています。また、原発事故による帰還困難区域の富岡~浪江間は、「除染や異常時の利用者の安全確保策を完了した後の開通」を目標にしているのです。



JR東日本は、住民のいない楢葉町に電車を走らせ、乗務員や駅・施設・保線・電力等の労働者、さらには下請け会社の労働者にまで被曝を強制しています。そして、線路を原発に向けて伸ばし、これまでとは比にならない被曝を労働者・利用者に強制しようというのです。
動労水戸は、延伸工事の即時中止を要求して追及しました。

団交の場では、子どもの甲状腺がんが100人を超えて多発している事実を突きつけました。会社の回答は「言われてはじめて認識した」「会社はコメントする立場にない」という極めて無責任なものです。そんな程度ですから、放射性物質を体内に取り込むことで重大な健康障害を引き起こす内部被曝についてもまともに答えられず、「国の基準からすれば問題ない」「国が安全と言っているから大丈夫」と繰り返すだけです。しかし、その「安全」の根拠を全く答えられません。
被曝をまともに対象化できない会社が、被曝に対する安全を確保することなど不可能です。


地方切り捨てるJRの「1本7人」のバス代行


JR東日本は常磐線全線開通に向けて今年1月末から竜田~原ノ町間のバス代行を行っています。これについて会社は「住民ニーズ」や「自治体(地域)の要請」で「内閣府(政府)が開通させた」と説明しています。その利用者を尋ねると、「4月の1か月で900人」=平均して1本あたりわずか7人の利用だというのです。会社は当然不採算であることも認めました。

不採算を理由に地方ローカル線を平然と切り捨てるJR東が、採算度外視で常磐線全線開通にこだわるのは一体どういう訳なのでしょうか?しかも「1回乗るごとに1.2μSv被曝する」としながら「利用者個人の線量まで会社が管理することはできない」と「利用者の自己責任」だと言うのです。

補償を打ち切り、帰還と被曝を強制し、「原発事故は過去の出来事で、福島はもう事故前と何も変わりはない」…それが政府・東電とその手先であるJR東の論理にほかなりません。どこをどう取ってもおかしいではありませんか!


おかしい事をおかしいと言う労働組合が必要だ!


7月1日、駅の全面外注化に向けたJR東日本ステーションサービス(JESS)への転籍・出向替えが始まりました。検修・構内業務外注化も次のステップに入り、車掌・運転士の外注化も時間の問題になっています。
非正規職化で賃金・労働時間が解体され、増税と年金削減が襲いかかり、戦争法案と徴兵制が用意される。被曝強制とこうした攻撃は一体なのです。

こんなでたらめを許してきた責任は、闘いを放棄した労働組合にあります。JR労働者が命と安全のために労働組合に団結し闘う時、全ての労働者と労働組合が立ち上がります。
全ての青年は動労総連合・動労水戸に結集し共に闘おう!

動労水戸情報593号

ダウンロード



戦争・被曝・外注化絶対反対!

命と生活を守る動労総連合へ!


安倍政権の戦争政策に高まる危機感と怒り


私たちが日々の仕事や生活に追われている間に、破滅の道に導く動きが強まっています。

安倍政権は「特定秘密保護法」などで国民への監視を強め、「新捜査手法」で「密告」を奨励し、世界中のどこでも戦争ができる法案を閣議決定しました。
また同時に「労働者派遣法」が変えられ、外注化による正規から非正規雇用への転換が無制限に拡大されようとしています。

そしてJR東日本はこの安倍政権の先頭に立って原発事故をもみ消し、20年の東京五輪に向けた常磐線の全面開通を宣言しました。

労働者に貧困を強制し、生活のためとして被曝を強制し、あるいは兵士として戦場に送るというのです。これは現在のアメリカ社会の現実であり、かつて戦争で安倍の祖父の岸信介たちがやったことです。


太平洋戦争では3千万人とも言われるアジアの人々、310万人の日本人が死にました。沖縄では20万人、広島・長崎の原爆投下では5年間で37万人の人々が亡くなっています。
安倍は、この戦争と被曝の歴史も無かったことにして、再び同じ道を強制しようとしています。沖縄・広島・長崎・福島をはじめ全世界の人々が怒りの声を上げています。今こそ労働組合がその先頭に立つときです!

 
3万5000人が「辺野古新基地建設阻止」を訴えた沖縄県民大会(5月17日)


核兵器獲得のための原発再稼働と被曝隠し


みなさんも知っているように、福島第1原発の事故は全く収束していません。また、あと何年たてば復旧できるかの見通しもありません。そもそも東海原発の廃炉作業でさえめどが立たたないのです。原発稼働によって日々増え続けている放射性物質の保管場所もなく、放射能の影響が消えるまで半永久的に管理しなければなりません。
現在だけでなく未来のことを考えるなら、原発も再稼働もありえないことです。
 
生命の根源はDNAの複製にあります。そのDNAの鎖を断ち切るのが放射線です。東海村JCO臨界事故の被害者のように、被曝線量が高いと細胞の再生ができず皮膚も内臓も溶けて全身から血を吹き出しながら亡くなります。

では低線量なら問題はないのでしょうか?DNAの連鎖を絶ち切るのは同じです。広島・長崎の被曝者のようにいつ影響が出てくるか分からないのであり、安全だなどという根拠は全くありません。


経済的でもクリーンでもない原子力を維持し続けるのは、やはり戦争のためです。核兵器は「究極の破壊兵器」だからこそ、原発と核を持つ全ての国々の企業と政治家が真実を隠し「放射能被害の影響はない」と言い続けています。そして「危険だと騒いでいるのは知識のない連中」と決めつけ、実際に事故や被害が起きれば「想定外」で言い逃れる。
さんざん見せられてきたことなのに、他人の苦しみには「目先の利益」のために目をつぶってしまうのがこれまでの労組幹部の大半でした。しかし、労働組合は本来は目先の利益のためでなく人を大切にして仲間を守るためにあるのです。
 

被曝労働・外注化に対し絶対反対で団結しよう


4月1日からJR東日本は常磐線全線開通のために避難区域での「復旧作業」を命じました。まず労働者に行かせ、鉄道を通し、住民を帰還させる。危険があろうが、国や会社が決めたことはやらせる。戦争とまったく同じです。

「会社に手当を出させたことが成果」と主張する国労、その権力を握っている共産党・社民党は、手当が出るなら戦争にも行かせるのか。私たちは、原発労働者も含めて被曝労働には絶対反対です。
 
JRはまた、全面外注化も猛然と進めています。保守部門・検修・構内外注化で脱線事故が続発し、山手線で電柱が倒壊した矢先に東北新幹線の架線が切れる。郡山総合車両センターで検査した車両は故障が続発し、分社化された列車製造部門の新車も欠陥だらけです。「ATOS」で数千回シミュレーションしたという上野東京ラインも「想定外」の遅延や運休の続発です。

冨田社長は「安全の神様頼み」のようですが、技術は人間が共同して生み出したもの。結局は人間に支えられて生きるのです。労働者を無視した技術も安全も絶対に成立しません。
動労水戸は、能力や技術を過信した者たちの安全と命の軽視と徹底的に闘います。 

時代は歴史の分岐点に来ています。照沼君、羽部君、會澤君と団結し、動労総連合に結集し共に闘おう!

動労水戸情報592号(最新)

ダウンロード



地域・命・安全破壊のダイ改絶対反対!

3・14ストライキへの協力を訴えます!


動労水戸は今ダイ改による地方の切り捨て、休息を奪う非人間的な労働強化、外注化と「区所の役割の明確化」の推進による職場の分断と安全破壊に反対し、厳しく団交を進めてきました。

しかし、2月23日に東労組が合意して以降、会社は提案した枠内の調整以外は一切認めなくなりました。健康と安全に妥協の余地などないのに、「対案」などという言い逃れで受け入れてしまう。しかし、人間には限度というものがあります。

動労水戸組合員はこんな屈服を絶対に許しません。3月14日、青年を先頭に全運転士が断固としてストに入ります。水郡線では5人全員が対象です。 私たちの真剣な選択と闘いに応えて、全ての青年労働者がスト代務拒否の意思表示に立ち上がることを訴えます。


区所の「役割明確化」で極限化する業務の偏り


第一に、効率最優先の安全無視を絶対に認めてはいけません。

「区所の役割の明確化」について、輸送障害からの早期回復のために関係区所が少ない方がいい、と会社は説明してきましたが、重大な問題があります。

具体的には、
①行路作成の巾がなくなり乗務がきつくなる。
②線路・車種の技術保持が困難となり、緊急時の代替えも効かなくなる。
③新人運転士の養成に支障が出るなど、安全輸送の根幹が破壊されます。

①…勝田の運転士行路では、日勤13本中11本が宵出し行路(うち朝4時台の出勤が6本もある)であり、泊行路と合わせて実に月12回も職場に泊することになります。また、行路緩和のための常磐・水戸線のミックスができなくなり、その代わりに1日に勝田~上野2往復+品川回しや、朝4時出勤で上野から普通列車品川回しで水戸まで3時間連続乗務など、凄まじい行路が強制されます。



②…水戸の運転士行路では、水戸~上野の上り普通列車行路は3本、上下70本ある特急乗務は水戸以南ではゼロ、水戸からの下りは水戸~いわきと高萩~勝田のわずか2本となります。特急乗務の機会が奪われ、緊急時でも上野方面には対応できません。

③…結果、水戸では常磐線行路が少なく、ハンドル訓練や養成が困難になります。養成人数が限られる分、土浦・勝田の受け持ち分が増えます。指導員自体の経験不足の上に、無理な養成人数を負わされます。


新着席サービスの大混乱 ツケは労働者と乗客に


第二に、「新着席サービス」では乗務員の合理化・外注化が狙われています。上野が通過駅になり、自由席のままだと列ができるから指定席を買わせればよい、その上で運転車掌と車内担当車掌を分離していずれは外注化という利益優先の発想です。乗客同士や車掌とのトラブルが起こることを会社は予測しているからこそ、非正規の警備員を雇って乗せるのです。

予約していた列車が輸送障害で打ち切られたらどうなるのでしょうか?会社はまともに答えられません。どうしてこんなでたらめな提案に「合意」できるのでしょうか?会社と他労組幹部の無責任のツケは、労働者と乗客が払わされるのです。
 

「反対しても無駄」とは労組幹部の自己保身


第三に、鉄道労働者とりわけ青年の団結こそ、金に魂を売り自己保身しか考えない会社や労組幹部の無責任を許さず、地域と命と安全を守るのです。

前回ダイ改後、会社は形だけの「全乗務員アンケート」で「意見を吸い上げた」などと言っています。東労組は大子運輸科の掲示板で「会社の施策には反対しても結局実施されてしまうから、対案を出して改善を要求していく」と言っています。しかし、最後には正当性のない施策が次々と強行され、ただ泣き言を言っているだけです。一体どこまで後退するのでしょうか?みんな会社とよろしくやって、うまいことを言いながら世渡りだけを考えています。だから良くならないのです。
 

鉄道の労働者と労組の地域と命、安全守る使命


第四に、私たちが職場の問題で真剣に闘うのは、仲間を守ることと地域住民を守ることが一体だからです。JR労働者は全国の人々を安全で結んでいます。利益優先に止まらないからこそ、信頼を受けてきたのです。

28年前の国鉄分割・民営化で、国鉄の公共性が否定され利益優先に変わりました。ですから動労水戸は今でも分割・民営化反対です。労働組合が分割・民営化に屈伏することと幹部が私利私欲に走ることは一体でした。この屈服から非正規雇用や消費税が導入され、原発増設や自衛隊海外派兵も強行されました。国鉄労働運動が全国の労働者の団結の柱だったのです。だからこそ、JR労働者の団結には、明日をも知れない非正規職労働者、原発事故で故郷を奪われた福島の人々、被曝や戦争に怒る人々を一つにする力があるのです。

會澤君の動労水戸加入に続いて、2月23日には、JR労働者とJR関連の非正規職労働者が動労神奈川を結成しました。動労水戸ストを支持し、3人の青年に続いて立ち上がることを熱烈に訴えます。

動労水戸情報591号

ダウンロード

 

動労水戸青年が3・14ダイ改を語る

職場・職種ごとの分断許さず団結を!!


2月26日、動労水戸の青年組合員と石井委員長による座談会を開催しました。3月14日に差し迫ったダイ改の問題やライフサイクル撤廃の闘い、動労水戸を選択し結集した思いなどについて熱い討論が交わされました。今号はダイ改をめぐる討論を抜粋して記載します。


負担増・トラブル必至の常磐線「新着席サービス」


―今回車掌が大きな異動になるということですね。土浦が大幅に増えて、水戸・いわきが減ると。車掌の声はすでにお聞きと思いますが。


羽部「間違いなくトラブルは増えるよねって話は出てます」

石井「新着席サービスは必ずトラブルが起こるるから、警備員を募集して乗せると」

會澤「だけど、ダイ改の団交の中では、警備員は車掌と一緒に歩くわけじゃないと会社は言っている。実際トラブルになってるところに警備員が行くまでにタイムラグがあるはずだから。実際にトラブルがあった時にどうなるかはわからないよね」

石井「お客さんを威圧することになるだけじゃないかな」

照沼「そんなシステム入れないで警備員雇わない方が金がかからなくていいじゃんと思う」


車掌外注化への布石


―今回のダイ改で一番の問題点は何かということについてそれぞれお聞かせください。


羽部「上野東京ラインや北陸新幹線開業などが大きく報じられているけど、お客さんにとって便利になったとしても、そこで支えてる乗務員とか検修、駅員への負担がこれまでの比ではないダイ改だと思います」

會澤「車掌の合理化がとうとう始まったなと感じます。運転士にはこれまでライフサイクルがあったけど、いよいよ車掌にもという感じ。車掌は運転士と違って国家資格じゃなくて会社で与えてる資格じゃないですか。免許を取るために勉強するわけじゃないですから、グリーンアテンダントのように外注化して車内改札を行うということもありうる。いま車掌で働いてる人たちも将来的にはグリーンアテンダントをやってる会社(=NRE・日本レストラン)に強制的に出向させられちゃうことも考えられる」

羽部「車掌を外注化したのは東武でしたっけ?」

照沼「東武は運転士も部分的に外注化されてます」


車両運用は全くの無策 故障車が戻らないおそれ

照沼「検修から言えば、一番の問題点は車両の運用です。例えば水戸支社管内の路線で何かあって遅れる場合にはしょうがないかもしれないけど、他の路線で何かあって混乱が生じた場合、常磐線の車両がちゃんと帰ってくるかどうか。そうじゃなくても、例えば東海道の国府津車両センターの車両が栃木の小山車両センターにいて、動けなくなったから小山に収容して直すことはできる。でも交直流のE531系はそうはいかない。仮に品川で故障した時に本当に向こうで直せるのか。勝田から助けに行くにも電車で1時間半から2時間かかる」

會澤「だけど、品川で止まってたら車両がどん詰まって行けないんじゃないの?」

照沼「予想ですけど、輸送障害が起きたら常磐線は全部上野でストップさせられると思うんですよ。それで電車がちゃんと帰ってくるのかが心配です」

羽部「壊れたからユニットを切って減車して運用するわけにもいかない」

石井「一方で水郡線なんてカットしたままいつまでも走ってる。故障した車両を真ん中に挟んで運用している」

羽部「直したくても部品がないから直せない。予備車両もないから、3~4日ぐらいはそのままで走ってました。いま郡山に直しに行ってる車両も部品の在庫がないから直すのに時間がかかっているとか。メーカー(新潟トランシス)にも在庫が少なくてすぐに対応できないとか」

照沼「資材の一元化とか言って今までは工場単位で管理してたのを全部一元化してやってるんです。そのせいで部品がなかなか来ないことがある。車両を直せない状況で車両を酷使している状態です。ダイ改のたびに走行距離が増えていて、657なんか最長で1日1200キロを走ることになる」(続く)


今回の座談会の内容を収録したパンフレットを発行します。動労水戸の3人の青年がいかに生き生きと闘っているか、闘う労働組合を選択することこそ、労働者自身が団結の中で自らの持つ力を最大限に引き出し、ダイ改をめぐる安全破壊と労働強化に対して反撃する最大最強の方針です。

鉄道をはじめ社会の根幹を民営化し、金儲けの対象にしてきた矛盾が深まり、崩壊の危機を迎えています。鉄道の安全と命を守る道は、青年が自らの仕事への誇りを持って声を上げることにあります。
動労水戸は、青年・壮年・家族が誇り高く団結しています。みんなで新しい時代の労働組合をつくろう!

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 9 10 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

フリーエリア

最新CM

プロフィール

HN:
動労水戸
性別:
非公開
自己紹介:
【国鉄水戸動力車労働組合】
1986年結成。JR東日本・JR貨物とその関連会社の労働者で組織する労働組合です。
全国・全世界の労働者とともに、外注化阻止・被曝労働絶対反対で2016年も闘います!

【本部事務所】
310-0011
茨城県水戸市三の丸3-1-3

【平支部事務所】
973-8411
福島県いわき市小島町3-3-1 佐藤ビル1階

バーコード

ブログ内検索

P R